昼寝のだるさを解消する方法

昼寝のあとのだるさを解消する方法

昼寝のだるさを解消する方法

昼寝して起きると数時間だるさが続いて、食欲すらなくなることはありませんか?何かしなくちゃいけないのにやる気がでない、体も頭も働かないということは多々あることで、誰でも起こりうるのです。では昼寝をしてもだるくならない方法があれば・・・。誰でも簡単にできるスッキリできる昼寝の方法を解説します。

昼寝する長さは30分以内

よくノンレム睡眠やレム睡眠という睡眠の繰り返しが言われますが、これは昼寝をするときはとても重要で、ガッツリ眠りに入ってしまう前に起きるだけでだるさを回避できます。その目安が30分以内なのです。体が睡眠モードに入る前が30分、それ以上寝てしまうと睡眠のサイクルで起きるのは難しくなっていきます。

目覚ましをかけても30分で起きれないとき

心身ともに疲れきっていて、30分では到底起きられない時は寝る前にコーヒーを飲んでおきましょう。缶コーヒーでもいいですができればブラックで濃いめのものを。私が寝る時はコーヒーが好きだということもありますがアイスコーヒーで500mlくらいは飲みます。

コーヒーに含まれるカフェインが覚醒作用を起こすのが30分程度かかることから、寝る前に飲んでおくとちょうど起きる時間に覚醒作用が働き始めて目が覚めやすくなります。体感できたことはないですが、コーヒーを飲まずにグッスリ寝てしまった時はがっかりするほどだるさを感じます。ぜひ試してみてください。

だるさの解消方法

なかなかだるさは解消できなはずです。頭のボーっとしたのと身体自体が動かないこと、胃がもたれる感じ。けっこうハードですよね。

まずはひとくち冷たい水を飲んで胃に刺激を与えましょう。
さらに頭を働かせます。何も考えられないので本を読んだりテレビを見てもなかなか頭は再起動してくれないと思います。頭は自分で使ったほうが回転しますので誰かと話したり何か書いたりすると少しずつ動き始めます。

体の倦怠感は無理して動かなくてもいいですが、ずっと寝っころがっているとだるさは取れないので軽く家の中を歩いたりすると良いでしょう。洗い物をしたり洗濯物を取り込んだりなど。特に冷たい水で洗い物をするとスッキリしますよ。