昼寝は20分まで 昼寝の時間

昼寝をするなら短時間で起きれば目覚めが良い

昼寝は20分まで

昼食後は誰もが眠くなります。睡眠サイクルを維持しつつ、寝起きにダルさを残さない昼寝のポイントは最長でも20分までに留めることです。

昼過ぎに眠くなるのは当たり前

昼食後は眠気が襲ってきてあくびばかりしていて眠くて仕方ないという方がほとんどでしょう。食後だから、ということもありますが、体内時計としても午後2時前後から眠くなるようになっています。これは前日の睡眠不足とは関係なく、普通に眠くなってしまうので問題ありません。

ただし大人になると昼寝は必須ではなくなります。乳幼児などの小さいころは昼寝は必須ですが、思春期を過ぎてまで昼寝は必要なくなるほど成長しているのです。しかし生理的にはねむくなるようになっています。

昼寝は20分以上しないようにする

睡眠は始めに深い眠りに入るノンレム睡眠が訪れますが、深くも無理に入ってしまう前に起きる必要があります。深い眠りに入ってしまうとなかなか起きられないし体がだるくて頭も働かなくなります。

そう考えると昼寝として眠気を飛ばしてリフレッシュするのであれば深い眠りにつく前に起きる必要があります。これが20分です。最長寝たとしても20分以内で起きればリフレッシュできます。

昼寝によるリフレッシュ効果はとても高く、仕事の効率を上げるためには短時間の昼寝をしたほうが良い場合が多いです。体としては寝る必要はないものの、一時的に昼寝をすることは悪いことではありません。

机で寝る程度で十分

昼寝はベッドで寝てしまうと大抵起きれません。床で寝たり、会社なら机で寝る程度にしておきましょう。また、これくらいの寝方のほうが起きれるのでお薦めです。
しかもこの寝方でも十分脳みそのリフレッシュにはなりますし、頭もスッキリします。

昼寝というのは睡眠不足を補うものではなく、疲れた脳をリフレッシュさせたり、睡魔を解消するためのものです。ここで完璧に寝てしまうとセロトニンとメラトニンの働きが無視されてしまい狂うことで不眠の原因にもなりかねません。