睡眠で記憶が定着する 睡眠で暗記力アップ

記憶を固定させ暗記力を高める睡眠方法

睡眠で記憶が定着する

勉強で暗記が必要な場合、特に睡眠は重要になります。覚えたものをしっかりと整理して記憶として定着させるはたらきがあるからです。また脳を休めるこも暗記で疲弊した脳を休ませるのに大切です。

最近は受験予備校の講師なども睡眠の専門家も言っていますが、睡眠によって記憶が定着することは定番化しているとも言えます。徹夜で暗記は避け、寝る時間も考えて暗記すると良いでしょう。ちなみに仮眠程度ではなくしっかりと睡眠時間を確保したほうが確実です。

睡眠によって記憶が整理される

睡眠は脳を休ませると同時に、今日あったことを整理することがわかっています。
例えば記憶しておくものは記憶し、忘れても良いことは忘れる、というような感じですね。ある意味都合よく忘れることは忘れるようにできているとも言えます。

前日嫌なことがあっても翌朝その嫌なことのレベルがやや下がっているのも脳が忘れるように整理しているからだと言われています。

睡眠でさらに記憶が固定される

受験勉強などの暗記ものでは徹夜しないで寝たほうが良いと言われますが、これは本当です。特に睡眠は記憶をしっかりと定着させる働きがあるのです。この働きをしているのが脳の海馬です。

記憶は自分で覚えたあと、しっかりと質の良い睡眠をとって確実なものにしましょう。暗記力は慣れも必要ですが、睡眠を取り入れることでしっかりと定着します。翌朝起きたらまた暗記ものをひと通り確認することでさらに記憶がしっかりしたものになります。

睡眠による記憶の定着を有効活用する

睡眠によって記憶が定着することは既に多くの方が知っています。では睡眠を効率よく利用して記憶力を高めて試験などをパスする方法を解説します。

基本的には普通に勉強をして暗記していきます。寝る1時間前くらいに全てのおさらいとして全体を読んだりして記憶を再確認していきます。この時チョコレートなど甘いモノを食べながら覚えるのも効果的です。脳に栄養を与えますので。

そして1時間頭をクールダウンさせて寝ます。寝る直前に暗記を確認する方法もやっている人は多いですが、寝る直前に頭をフル回転させてしまうと脳みそが活発に動いている状態で眠りに入るので脳が休まりません。

できれば寝る1時間前までに暗記は終わらせて、脳をリラックス出来る状態にしてあげましょう。

翌朝は起きて頭が動き始めたらまた暗記モノの確認です。これで睡眠中の記憶の定着を再確認できます。