交代勤務で不眠症になる 交代勤務の疲れは睡眠が原因

シフト制交代勤務で不眠症の原因となる

交代勤務で不眠症になる

日勤と夜勤の繰り返しがある交代勤務では体内時計が崩れて熟睡感が得られません。ミスや大事故を引き起こす可能性があります。実際に大事故のニュースも出ていますよね。

夜型だから朝眠るだけでも大丈夫、と勘違いしている人がかなりいますが、朝寝ていたら体内時計は完全に狂っています。交代勤務の場合なぜ不眠症になるかというと、朝寝る日と夜寝る日が繰り返されるからです。

睡眠時間の変化は不眠症に繋がる

職場やとある産業地域によっては当たり前の交代勤務。これは日勤と夜勤の繰り返しを当番制で行うものです。コンビニなどの24時間オープンしているお店でも深夜バイトなどがありますが、これが交代制になっていたとしても、睡眠サイクルが崩れていますので交代していてもあまり意味がありません。

完全に1週間交代で日勤と夜勤を繰り返すような生産ラインでの仕事では体内時計が毎週崩れ続けます。睡眠の質は当然低下しますし、自律神経も安定しなくなります。交代勤務では熟睡感がなかなか得られないことも特徴です。体と脳が疲労し続けているため夜勤で眠気が強くなったりミスや怪我、事故が起きます。

熟睡感を得たいなら交代勤務では難しい

体内時計のリセットがうまくいかない、夜勤明けの朝日によって体内時計がリセットされたまま睡眠に入るなど、体のサイクルがおかしくなっていきます。これは夜勤のまま睡眠の質を高めることは難しいということです。

今後熟睡したい、疲れを取りたい、ということでしたら1週間以上休暇をとって睡眠サイクルをもとに戻すようにすべきでしょう。ただし交代勤務の仕事に戻ればまた体内時計は狂ってしまいます。

睡眠の質を高めて健康的でいるためには交代勤務はお薦めできません。

日常生活でも寝る時間帯が定まっていない場合は不眠の原因になる

交代勤務によって不眠症になってしまうというのは、結局のところ睡眠時間が夜から朝という一定の時間でサイクル化されていないことが原因です。

ですから日常生活で今日は普通に寝たけど別の日は徹夜して遊んでいたり、ということを繰り返していると、熟睡ができなくなってしまうのです。基本的に睡眠時間は毎日一定を保つことがとても大切なのです。

熟睡感を得て、さらに成長ホルモンの分泌を最大限に受けたり、体の回復を促進させるためには夜眠ることが一番です。基本的に睡眠サイクルができる状態を作りましょう。