寝る前のスマホが不眠症の原因 スマホのブルーライトと不眠

スマホの画面を見続けると不眠症になりやすい

寝る前のスマホが不眠症の原因

眠る前にベッドでスマホをひと通りいじってから寝るという方はかなり多いと思います。メールだけでなくネットやSNS、ゲームなどスマホをいじり始めると時間がすぐ経過してしまいますが、これによって体内時計が狂って熟睡度が低下することがわかっています。

やりすぎて時間を忘れてしまうということもありますが、最も危険なのはブルーライトです。強烈な光を間近で見ているため体内時計が狂います。

スマホのブルーライトで睡眠の質が低下

スマホ、パソコン、テレビなども同じですが、デジタル機器からの光の中にブルーライトがあります。これは光のなかでも特に強いもので、パソコンで仕事をしている人向けにブルーライト低減用のメガネまで出ているほどです。これだけ強い光が目から入ってくると当然ですが体内時計が狂います。

太陽を浴びて体内時計をリセットすることができますが、太陽光も同様にブルーライトを豊富に含んでいる強い光です。それと同等ではないですが、スマホの画面を寝る前に見ていると睡眠のリズムが狂ってしまいます。

寝る前のスマホいじりで睡眠時間が減る

スマホをいじっていて目が疲れてスッと眠れる、という方は多いと思います。テレビやパソコンも同様ですね。目を使っているので疲れるのは当然ですが、体内時計は狂っている可能性が高く、眠ったとしても中途覚醒が起こってしまい途中で目覚めてしまったりして睡眠時間の合計が減ってしまうこともわかっています。

当然途中で目が覚めているということは熟睡できていないことを意味しています。これが不眠症の始まりかもしれません。

眠る2時間前までにしておく

体内時計を狂わせないためにもできるだけ夜になったらデジタル画面は見ないほうがよいですがそうもいかないでしょう。もし熟睡したいと思っているのであれば、寝る時間の2時間前までにスマホをいじっておいてあとはリラックスタイムを過ごすように心がけましょう。

ちょっとでもスマホの画面を見たら不眠症になるというわけではないので安心してください。