不眠症で太る 睡眠不足

不眠症が太る原因となっている

不眠症で太る

不眠症になると食べ過ぎてしまうということは特別ないのですが、体質的に太りやすくなることがわかっています。これは食べ過ぎなくても体が太るようになっていくからです。
様々なことが相互に影響して太ってしまう原因を解説します。もし最近睡眠の質が悪いなと思ったり、同時に体重が増え始めていたら、不眠症の可能性があります。

太り始めて不眠症の実感がある場合は一度睡眠薬などを処方してもらったほうが良いかもしれません。

睡眠時間が短いと食欲増進ホルモンが多くなる

睡眠時間が短くなり不眠症が慢性化してくると、食欲増進作用のある『グレリン』というホルモンの分泌が多くなります。
逆に食欲を抑える『レプチン』の分泌量は減っていきます。このグレリンとレプチンは拮抗しているため、どちらかが増えればどちらかが減るようになっているのです。

不眠症で睡眠時間が減ればこの作用が起きてついつい食べてしまうということが増えます。当然ですが食べたぶんカロリーが増えて脂肪もついてしまい結果として太ります。

寝不足になると基礎代謝が落ちる傾向に

不眠症になり睡眠時間が減ることによって基礎代謝が落ちることもわかっています。当然グレリンの分泌が多くなっているためたくさん食べるようになり、逆に基礎代謝が落ちているのでカロリー消費も減って、通常よりも太りやすくなっています。

逆に質の高い睡眠で痩せやすくなる

これらを逆に考えると、質の高い睡眠をとっている人はグレリンの分泌が減って食欲を抑えるレプチンの分泌が高まります。しかも睡眠をしっかりとっているので基礎代謝も落ちずに済みます。このことから熟睡度合いが高ければ太りにくい体質になるのです。

実際にアメリカの研究では睡眠時間が7~8時間の人が最も肥満率が低いというデータがあります。不眠症で太る可能性が高まる他、痩せたいと思っている方はしっかりと睡眠時間を確保して熟睡できるようにすることが大切です。