不眠症の症状 不眠症のタイプ

不眠症の症状のうちどれに当てはまりますか?

不眠症の症状

不眠症には種類があり、人によっては眠れなくて悩んでいる人もいれば途中で目覚めてしまう、または早く起きすぎてしまう、実際に不眠症の症状を実感できていないなど様々です。自分は不眠症じゃないと思っていても、実は不眠症だったということが多々あります。

不眠症の種類を解説しますのでどれに当てはまるか確認してみましょう。

不眠症の症状は大きく4つに分けられる

不眠症は大きく4つに分類されます。それぞれ見てみると自分の症状と当てはまる物があると思います。しかし不眠症の症状は複数持ちあわせてしまうことが多いため、明確に1種類に絞ることは難しいのです。例えばなかなか眠れず、眠れても何度も起きてしまう場合などです。

不眠症によっては倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの症状が出ます。

入眠障害

ベッドに入ってもすぐ眠れないことを入眠障害といいます。
基本的に2時間程度経過しても眠れない場合は入眠障害の場合が多いです。特に入眠障害の場合は寝付けないことがストレスになって空回りしてしまい、そのままずっと眠なくなる悪循環タイプです。
自分が不眠症であると自覚しやすいのはこの入眠障害が多いです。

中途覚醒

寝ている間に途中で目が覚めてしまうことを中途覚醒と言います。大体寝付いてから朝起きるまでの間に2回以上目が冷めてしまう人は中途覚醒の可能性が高いです。
トイレに起きる回数が増えたりして睡眠障害以外の別の病気である可能性もありますが、これによって睡眠が妨げられていることは間違いありません。

熟眠障害

眠りが浅く、熟睡できた感覚がありません。朝起きても良く寝た気がしないのはこの熟眠障害である可能性が高いです。ストレスや寝る前の行動によっては誰もが軽い熟眠障害になる可能性は高く、現代社会の中でストレスを多く抱えたり、ストレスを受ける回数が多くなっている場合は熟眠障害になる可能性が高まります。

早期覚醒

朝早く目覚めてしまうのが早期覚醒です。加齢によって朝早く起きてしまうのは早期覚醒のひとつです。これは体内時計などの問題もありますが、加齢とともにホルモンバランスなども崩れてメラトニンの分泌が変化して起きてしまうものです。そうでない場合は通常起きるべき時間よりも2時間程度早く起きてしまうのであれば早期覚醒の可能性が高いです。