週末の寝溜めが不眠症の原因 寝溜めはできない

寝溜めで睡眠サイクルが乱れ睡眠不足気味になる

週末の寝溜めが不眠症の原因

週末はどうしても朝起きずにだらだら寝てしまうという方もいると思います。長く寝れるときに寝る『寝溜め』は効果ありませんし、自覚症状のない不眠症の原因にもなってしまいます。

なぜか、それは寝溜めで夜の睡眠が園長されて、体内時計が狂ってしまうからです。特に週末の寝溜めが月曜の睡眠サイクルに影響を及ぼし、その後一週間また体内時計が狂ったまま過ごすことになるのです。

週末の寝溜めが睡眠サイクルを乱す

平日は仕事や遊びで忙しくあまり睡眠時間がとれないために週末の朝はゆっくりと寝ている人が多いと思います。いわゆる寝溜めをしてしまう人です。しかし睡眠は溜められるものではありません。寝溜めの効果を期待していなくてもたっぷり寝たいという気持ちはわかります。

しかし睡眠サイクルは週末こそ正しくできるチャンスです。睡眠サイクルを正すことで、睡眠の質が上がり熟睡できるようになります。不眠症の症状がほとんどない人は寝溜めを辞めることからはじめてみましょう。

平日が普通に寝起きしているならそれに合わせる

平日は夜遅くなる前に寝て朝はしっかり起きているのであれば、週末も同じサイクルで寝起きするようにしましょう。そうすることで体内時計は一定のリズムを保てます。

これを寝溜めのために遅くまで寝てしまうと体内時計のリセットがうまくいかなくなってしまいます。週末は気が緩んでつい長く寝てしまう場合は前日の夜に遅くまで起きずに早めに寝てみましょう。

寝溜めが続くと疲れがとれなくなる

寝溜めは睡眠サイクルが崩れた状態ですから、当然熟睡もしにくくなりますし、何よりも体のサイクルが満たれることで体の調子も快適とはいえないでしょう。
これが続けば週末は寝溜めしてしまうわけですから、月曜からの仕事にも影響してくるでしょう。

早く寝ることはまだいいですが昼過ぎに起きだしてくる、というのは体内時計自体狂ってしまうのでやめたほうが良いでしょう。