寝酒は熟睡できない 寝る前の酒

酒を飲んで眠ると熟睡できていない

寝酒は熟睡できない

寝る前にお酒を飲んで眠ろうとする人がいますが、入眠自体はスムーズにできるものの、睡眠はとても浅いものであり途中で目覚めることも多く質の高い睡眠はとれません。寝酒をやめることで質の高い睡眠をとることができます。

しかし寝酒をしないと眠れない、という方は生活習慣の見直し、睡眠導入剤の使用などを考えましょう。睡眠薬は怖いと思いがちですが、アルコールのほうが体に良くないので安心して浸かって大丈夫です。

眠れなくて飲酒は最悪のパターン

不眠症になると寝酒をする人が増えます。アルコールの睡魔で眠ろうとするからです。これは実際飲酒によって眠りやすくなることは事実です。しかしアルコール血中濃度が一度高まってから下がろうとすると覚醒作用が起こります。

これによって眠りが浅くなってしまい、入眠はできるけど熟睡ができなくなります。特に入眠後3時間の深い眠りに入らずに酔いが覚めてきて、結果として熟睡はできていない状態が続き不眠症が悪化します。

またアルコールの利尿作用によってトイレに起きる回数も多くなってしまいます。睡眠中に一度おきるだけでも睡眠サイクルが分断され良い状態とはいえません。

飲酒は食事のときまでに終わらせる

飲酒は基本的に食事の時間までに終わらせておきましょう。今寝酒している方はすぐにやめることはできないと思います。これは既にアルコール依存症になっているからです。軽度のアルコール依存症は自覚症状がとても薄く、まだお酒を飲むこと自体も楽しんでいます。これが重症化すると医師にかからないといけません。

そうなる前に、寝酒を食事のときまでに戻していき、最終的には飲酒量を減らしていくとよいでしょう。

眠れない場合は起きる

そもそも眠れないから一杯だけ酒を飲む、という場合、さきほど説明したとおりそれでは熟睡できていないわけですから、これは絶対に避け、眠れなければ起きればいいだけです。
結局眠れなくてもその後何時間も寝ているわけで、眠らないわけではないのです。

お酒では熟睡できないことはあきらかですので、睡眠時間を調整しつつ夜眠れるようにしていきます。もし眠れない場合は精神科で診てもらうべきです。睡眠がゼロということはまずあり得ないですし、細切れ睡眠だけだと心身ともに完全に壊れて死亡するケースもあります。

寝る前にお酒を飲まないとどうしても眠れないなら睡眠薬を

寝酒がないと眠れない、もう立派な不眠症なので、まず寝酒をやめてさらに睡眠導入剤を利用しましょう。大量に飲んでも危険できないので、用法用量を守っていればまったく安全です。アルコールよりも安全なので安心して飲みましょう。

すっと眠りについたら、あとは熟睡するだけです。もし熟睡ができていない場合は医師に相談して、入眠導入剤、中途覚醒しないように、3時間後くらいに効き始める睡眠薬の2種類を処方してもらえばかなりの高確率で眠れます。

睡眠がパターン化していくとあとは寝酒を完璧にやめることで対応できるでしょう。