不眠症と糖尿病 原因と対策

糖尿病患者に不眠症が多いことがわかっています

不眠症と糖尿病

糖尿病患者の約4割が不眠症であること、さらに睡眠が十分にとれないことでインスリンの効果が弱くなってしまうことがわかっています。また自分で睡眠時間を短くしている人は要注意です。仕事が磯額して寝る時間がなかなか取れないという人で糖尿病の人は気をつけましょう。

睡眠時間はしっかりと確保して糖尿病予防と悪化を防ぎましよう。

寝不足によって血糖値が上昇する

不眠症による寝不足で交感神経の亢進が起こり血糖値が上昇することがわかっています。不眠症によってインスリンの抵抗性を悪くして血糖値を上昇させてしますます。

このことから睡眠時間が十分でないと等を処理する能力が低下するのです。

糖尿病患者の4割が不眠症

糖尿病患者の約4割が睡眠障害で悩んでいることがわかっています。特に入眠障害です。糖尿病による神経障害や抑うつ、不安障害などが原因である場合が多いようです。

最近では糖尿病治療よりも睡眠障害を治療したほうが糖尿病治療が良い方向に向かうという例も出てきているようです。

それほど睡眠が体へ及ぼす影響というのは強いということがわかります。

生活習慣病全般を考えても睡眠はとても大切

糖尿病に限った話ではないですが、生活習慣病などほかの病気やストレスなどに睡眠は深く関わっています。
睡眠時間を確保するのではなく、質の高い睡眠を心がけることで睡眠時間は短くても脳や体が回復することはわかっています。
長く眠れたほうが良いことには変わりありませんが、もし不眠症で悩んでいるのであれば、早めに医師に相談するなりして眠れるように処方箋を出してもらいましょう。

糖尿病予防のための生活習慣方法

糖尿病は一度なってしまうと完治することがかなり難しい病気で、治療も大変です。そこでどのような生活習慣を続ければ糖尿病予防ができるかというと、以下の様な流れになります。

  1. 運動をして代謝を高め、糖質を少しでも消費させる体づくり
  2. 炭水化物などを摂り過ぎないように主食を減らす
  3. 熟睡できる睡眠時間の確保

基本は運動習慣をつけて、食事もご飯やパンなどの炭水化物を控えて熟睡する。これで糖尿病だけでなく健康的な体を手に入れることができるでしょう。

まず痩せて脂肪を減らすことや血糖値を下げるようなライフスタイルにすることが大切で、また運動を習慣化することで睡眠の質も徐々に高まる可能性が高いためお薦めです。