不眠症の対処法

不眠症の対処法

睡眠薬の使い方や効果の正しい知識

睡眠薬の使い方や効果の正しい知識

睡眠薬の降下飲み方などを詳しく解説しています。医師との飲んだ時の症状などを詳しく覚えておくと最適な睡眠薬に辿り着けるでしょう。
睡眠薬の使い方や効果の正しい知識

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用の症状と、その対処法などを詳しく解説しています。できれば医師と相談して細かく量を調整してもらうのがベストです。
睡眠薬の副作用

夜10~2時に寝ると不眠症予防になる

夜10~2時に寝ると不眠症予防になる

夜寝るだけで最大に成長ホルンが分泌され、しかも脳も体もしっかり休まります。睡眠のゴールデンタイムをうまく活用しましょう。
夜10~2時に寝ると不眠症予防になる

起床時間を決めると不眠症は解消される

起床時間を決めると不眠症は解消される

朝一定の時間に毎日起きるようにすると体内時計がリセットされて不眠症の改善になります。またホルモンのバランスも良くなっていくことで健康的な毎日を送ることができます。
起床時間を決めると不眠症は解消される

朝シャワーで睡眠サイクルをリセット

朝シャワーで睡眠サイクルをリセット

朝シャワーを浴びることで交感神経を刺激して目が覚めます。朝日などで当然睡眠サイクルもリセットされるため、とてもスッキリとした目覚めになるでしょう。不眠症で睡眠サイクルが乱れている方はぜひ取り入れてください。
朝シャワーで睡眠サイクルをリセット

寝室は真っ暗にしないほうが熟睡できる

寝室は真っ暗にしないほうが熟睡できる

新七は真っ暗にしないで少し間接照明がある程度のほうが眠りやすくなります。当然ですがくらいほうが眠っている最中は良いですが、入眠するまでは少しくらい周囲が見えたほうが良いと言われています。
寝室は真っ暗にしないほうが熟睡できる