睡眠薬の使い方や効果の正しい知識 睡眠薬とは

睡眠薬の正しい知識をつけて上手に付き合う

睡眠薬の使い方や効果の正しい知識

不眠症が辛くてとても生活できないという場合は睡眠薬を処方されるでしょう。しかしドラマなどで睡眠薬を大量に飲んだり、というシーンを見ていると何だか怖いものだと思いがちです。しかし実際に不眠症の場合は睡眠薬でしっかりと熟睡して改善していく必要があります。そしてそのほうが確実によくなるでしょう。

睡眠薬とはどんなものか、どのように眠れるのかを解説しています。

効きすぎても効かなすぎても駄目

睡眠薬は効き過ぎるとなかなか起きれなくなります。これは持続時間が長いためです。人によってこれくらいなら適切な睡眠時間で持続して起きられる、という量と体質があります。このように睡眠薬が効き過ぎるのもよくありません。

体質としては代謝が関係しています。代謝が良いと睡眠薬の効き目は薄くなっていきます。睡眠薬のピークを過ぎると代謝が活発であれば効き目が低下していくのです。

逆に代謝が悪い高齢者の場合は効き目が低下しにくいので量を抑えます。

睡眠薬は効果のピーク前に就寝

睡眠薬を飲んだらすぐに就寝するようにすべきです。睡眠薬は飲んだアトのピークが30分~1時間後がピークになります。睡眠薬を飲んでから寝ないで何かをしているとピークに乗り遅れてしまいます。ピークに乗り遅れてしまうと睡眠薬の効果は得られません。

基本的に睡眠薬を飲んでからすぐにベッドに入り眠る準備をする必要があるのです。しかしこれを知らずか睡眠薬が効かないということで量を増やしている場合が多いようです。

不眠症の解消方法としても大事なことが、夜になったらできるだけ光を浴びないようにして部屋の照明を落とすことです。徐々に眠れる環境に近づけ、睡眠薬服用後はすぐにベッドに入ること、これが鉄則です。

睡眠薬の使い方は医師の指示通りに

いつどんな風に飲んでどう寝るか、これは医師の指示通りにしてください。そのときに全然眠れない、もしくは途中で起きてしまう、という場合は、また医師に相談して詳細を説明しておけば、睡眠薬の量を調整したり、別の睡眠薬に変えて様子を見るようになります。

単純に増やせばいいというものではなく、種類の違いや量の増減などを細かく対応してくれるので、医師の言うとおりに飲むことが大切です。

また最近は眠れるようになった、と自己判断せず勝手に睡眠薬をやめることは避けましょう。良くなっていったら医師が最小限のものに減らしていきます。
そして徐々に良くなっていることがわかれば最終的に睡眠薬なしで眠れるだろうと判断され、睡眠薬を飲まずに眠れるように鳴ります。

やはり自己判断はどんな薬でも良くないため、医師と相談しながら確実な熟睡までコツコツと辛抱強く続けていきましょう。