入浴で熟睡する方法 お風呂に入って熟睡効果

お風呂に入ってスムーズな入眠から熟睡する方法

入浴で熟睡する方法

入浴で体を芯から温めることで体温が一時的に上がります。このあと2時間くらいすると体温が徐々に下がり入眠モードに入り、そのままスムーズに熟睡しやすくなります。

逆に言えば、寝る直前にお風呂に入るとさっぱりはしますが、熟睡ができなくなってしまいます。寝る時間を考えて入浴するようにして熟睡とスムーズな入眠を手に入れましょう。

温まってから体温を下げて熟睡する

人が眠くなる時というのは体温が下がる時です。実際に毎日寝るときには体温が下がっていくとともに眠気が増していきます。そして朝になって起きるときに体温が上がり始めて目が覚めます。この繰り返しが毎日行われています。

このことから、寝る直前に入浴してしまうと、体温が上がってしまいなかなか眠れない場合もあります。ですから体温が上がってからまた下げる必要があるのです。

入浴後は2時間程度で徐々に体温が下がっていき、スムーズに入眠できます。

湯船に入るほうが効果的

寝る前に入眠をスムーズにして熟睡度を上げるにはシャワーで済まさずに湯船につかって芯まで暖める必要があります。体の芯から温まった体温が徐々に下がることで熟睡できますが、皮膚の表面に近い部分の体温が上がっても芯まで温まらないため眠りにつくための副交感神経に切り替わりにくいのです。

疲れ取ったりストレスを軽減することも睡眠の質を左右しますので、できるだけ湯船にゆっくりと浸かって体を芯から温めましょう。

リラックスした状態で入眠できる

湯船に浸かってリラックスし、体が温まった状態から少しずつ体が安定した体温になり、体温が下がっていくと同時に睡魔が襲ってきます。このリラックスした状態のままベッドに入って寝る体制をとっておくことで、かなりスムーズに入眠することが可能です。

逆に湯冷めしてしまって眠れなくなるという無駄な事もありえるので、湯冷めはしないようにすることも大切です。