筋肉痛の治し方 解消法

誰でも簡単にできる筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方

スポーツだけでなく、重いものを持っててたら翌日は筋肉痛になってしまった、ということもよくありますよね。普段の生活に支障をきたす場合はできるだけ筋肉痛のケアをして早めに治したいものです。

筋肉痛とは

筋肉痛の治し方の前に、筋肉痛について。

筋肉痛は筋繊維が傷ついて起こるものと、疲労物質である乳酸が蓄積されているときに感じるものがあります。筋繊維が傷ついて起こる筋肉痛は激しい運動をしたときに筋肉が負荷に耐え切れなくなったときに起こります。

乳酸は運動をすれば体が作り出してしまうものですから、これを溜めないようにするか、乳酸を解消してあげれば筋肉痛が和らぎます。

それでは筋肉痛の治し方を紹介していきます。

栄養を摂る

疲れた筋肉に十分な栄養を送り込みましょう。筋肉痛の治し方の基本はプロテインを摂ることが必要になってきます。
プロテインがない場合は普通にお肉や魚などを多めにとったり、大豆製品などを積極的に食べることをお薦めします。

また、アミノ酸を摂るのも栄養補給による筋肉痛の治し方としては特にお薦めです。
筋肉痛は筋繊維が傷ついているため、栄養補給だけでは完全には治すことができませんが、傷ついた筋肉を回復する自己修復機能を最大限に活かすために積極的にたんぱく質を摂りましょう。

筋肉痛回復にお薦めのプロテイン

フィットネスショップオリジナルホエイプロテイン
ゴールドジム系列のプライベートブランドからコスパの高いプロテインです。1g当たりあった3.75円と安いので筋肉痛回復に贅沢に飲めます。さらにBCAAも配合されています。普通に筋トレする方にもお薦めです。ミルク味、ココア味があります。

乳酸を溜めない

体に乳酸が溜まるとそれが筋肉痛の痛みに変わります。
疲労物質の乳酸をできるだけ溜めないようにするのが筋肉痛の治し方の秘訣です。
その乳酸を溜めないようにするには、クエン酸を摂るようにすることが必要です。
スポーツドリンクには微量ではありますがクエン酸が含まれていますし、そこにクエン酸を混ぜて飲むのもいいでしょう。
また、梅干、柑橘系のフルーツなどにもクエン酸が含まれていますのでデザートなどで食べるのもよいでしょう。

ストレッチを十分にする

筋肉が固まってしまわないように、運動後などは入念にストレッチすることが大切です。
激しい運動をした場合は、できるだけすぐに軽いウォーキングなどをして体を急に冷やさないようにします。血液を体に流してあげるようにして、最後は入念なストレッチをします。
できるだけ筋肉痛を治す方法としてはゆっくりでいいので体をほぐしてあげることが一番です。
これらは筋肉痛の治し方というよりは、筋肉痛を重度にしない方法ですね。

その後はすぐに冷却スプレーなどで冷やさないようにします。
筋肉痛を和らげるにはまずは温めてあげましょう。温めることで筋肉の血液の循環がよくなります。
激しい運動で筋肉痛がすぐに出ているときは冷やして一時的に痛みを和らげてから、また温めてあげましょう。
軽いマッサージも筋肉痛の治りを早めてくれます。
筋肉痛の治し方の最も重要なのがストレッチです。

休息をとる

筋肉痛の治し方の最後は十分な休息をとることです。
体は自然治癒していきますので、それに逆らって動き続けたりすると筋肉を修復するどころか悪化させてしまいます。
運動をして筋肉痛になってしまいそうなときはできるだけ早く寝るようにしましょう。
睡眠時には成長ホルモンが分泌され、筋肉痛を治してくれる働きが大きくなります。
全身を休ませるのにも絶対に必要ですのでしっかりと睡眠をとりましょう。