ダンベルの選び方 重さや使い心地など

家で様々な筋トレができるダンベルを正しく選ぶ方法

ダンベルの選び方

ダンベルは片手に持てるウエイトです。家で手軽に筋トレができるので人気ですが、まず何キロのダンベルを買えばよいのかわからない初心者の方も多いと思います。筋トレして筋肉がついてきたら軽すぎるのは邪魔になるしお金も無駄になりますよね。

初心者から上級者までどのようなダンベルを使えばよいか、解説していきます。

初心者向けダンベルの選び方

筋トレがまだ初心者、またはダイエットなどで利用したい女性に最適なダンベルの選び方をご紹介します。男性であれば2-3kg、女性なら1kgくらいの軽めのダンベルを選びましょう。

ダンベルの筋トレでオーソドックスなのは力こぶである上腕二頭筋と肩の筋肉のトレーニングでしょう。この二つの筋肉はいずれもとても小さな筋肉ですので、初心者の方や女性は軽めのダンベルを利用して、まずは体を慣らしていくことが大切です。

中級者向けダンベルの選び方

ある程度筋トレをしていて、家でもダンベルを利用したトレーニングがしたいという人は、ウエイトを自由に変えられるダンベルがお勧めです。
筋トレに慣れていき、筋肥大が進めばさらに重いダンベルを使う必要があるためです。
また、ウエイトを変えられないダンベルの場合、ひとつずつ揃えていくとお金と場所を取ってしまうため、あまりお薦めできません。

ウエイトを付け替える際のプレートを止めるシャフト部分はネジのように締めるスクリュー式のものを選ぶとウエイトが万が一外れる心配はありません。

上級者向けダンベルの選び方

ウエイトも重いものを使いたい上級者の方の場合は、ある程度自分の許容範囲のウエイトをわかっているので、付け替え式のダンベルではなく、ウエイト固定されたものをお薦めします。
なぜかと言えば、付け替え式のものはダンベルの両端にシャフトが出ていてダンベルプレスやフライのときに一時的に膝にダンベルを立てることができなかったり、ジムで利用しているダンベルと同じようにトレーニングの体勢までダンベルを持ち上げることが少し大変になる場合があります。

ウエイトがそのままくっついているものであれば、両端は平坦になっていて、膝で一旦乗せたり、胸に乗せてから頭上へ持ち上げたり、ということがジムのトレーニングと変わらずに行うことができます。

ダンベルを買う際は胸と背中用に重いダンベルを買い、腕用に胸よりも軽いダンベルを買うようにしましょう。
2種類あれば基本的にダンベルでの筋トレはできるでしょう。

最後に、どんどん重いダンベルを使っていきたいという人はスクリュー式のダンベルでもいいですが、ギリギリのラインでトレーニングをする上級者の場合、突起物があるダンベルは不便であることもあるため、ジムへ通うことを考えたほうが早く解決するでしょう。