朝のジョギング

朝食前にジョギングすることでダイエット効果が最大になります

朝のジョギング

朝走る人って多いですよね。最近は自転車やロードバイクで走っている人が増えました。夜仕事の終わった後に走る人もいますが、体力向上ではなくダイエットに集中したいという方はぜひ朝走るようにして下さい。体脂肪の減少率がかなり高いです。

朝食前にジョギングをする!

朝走るときは朝食を食べる前にしましょう。
トイレに行ったり、ミネラルウォーターをコップ一杯飲んで頭と体が落ち着いたら走ります。
走る距離や時間は個人個人の体力に合わせて設定しておきましょう。朝食を食べてからだとダイエット効果が薄まってしまいます。その理由とは・・・。次で解説します。

朝ジョギングするメリットとは

では朝ジョギングするとなぜ体脂肪が燃えやすいのか、というと、簡単に言えば何も食べていないからです。食べていると胃にある炭水化物がまずエネルギー源として使われてしまうので、脂肪が燃焼し始めるのがその後になってしまいます。専門的に言えばエネルギー源であるグリコーゲンが少ない状態が朝起きた後の朝食前なのです。

だからこそ朝ジョギングするとエネルギー源として脂肪を使おうと体が働くのです。よって最初から体脂肪を燃焼させて体を動かすので効率良くダイエットができるというわけです。何か食べたからそれを消化・消費させるためのジョギングのとはちょっと違うのですね。

朝ジョギングするデメリット

朝起きれない人はなかなか難しいですね。走るとなると30分程度は走りたいですし、準備などの時間を合わせると朝のジョギングに必要な時間は最低でも50分~60分は欲しくなります。
また深夜まで仕事で疲れていたりする場合は朝本調子出ないばかりか夜まで体力が持たないこともあります。

そのような場合は朝ジョギングができないのかというとそうでもないんですね。BCAAというスポーツでは必須のアミノ酸を朝と夜寝る前に摂取しておくと疲れを持ち越さずにエネルギッシュに過ごせます。BCAAはスポーツをする人にすぐ体感でわかると人気のアミノ酸です。
お薦めはDNSのBCAAです。私も夜は10gを5gずつ2回に分けて飲んでいます。オススメです。

朝ジョギングのダイエット効果は実際にどのくらいある?

私はもともと筋肉もトレーニングしていて基礎代謝が普通の人よりもありますので参考程度にダイエット効果をご紹介できればと思います。

毎朝40分の朝ジョギングを続け、2週間後には60分続けて走れるようになり、1か月後は90分続けて走れるようになりました。ダイエットのレベルを超えているといわれることもありますが、少しずつ時間を伸ばしていくと早い人はこれくらいすぐに走れるようになると思います。

その結果、体重は78kgから72.5kgまで落ちました。距離にして最後は大体14~15kmほど走っています。これだけジョギングしていると普通に3食食べていても結構体重は落ちると思います。

私の場合は1ヶ月で痩せる必要があったので、夕食は抜いたり、無理そうだった場合はマイクロダイエットを利用しました。

これはカロリーとしては170kcal程度で栄養素がバランスよく配合されていることと、何よりフルーツ感覚スイーツ感覚で飲めるので美味しくて満足できました。たまに飲むくらいでしたが、夕食抜くくらいなら全然健康に問題はありませんでした。

朝食前のジョギングで注意してほしいこと

朝食を食べる前に走るので、必ず水分を摂取してからにしてください。特に夏は脱水症状になります。走る距離と時間が長くなればなるほど水分は多めにとってください。
また水を飲んでから15分くらいは体を落ち着かせて走ったほうがいいです。水分の体への浸透がまだできていないばかりか、胃がポチャポチャしてしまいます。

またアキレス腱や股関節のストッチは入念にしてください。体が固まった状態である場合が多いですので。

朝ジョギングすると痩せやすいもうひとつのポイント

朝食前にジョギングすることで、その後の時間もゆるやかにカロリー消費は続きます。これが何もしていなくても脂肪を燃やし続けるというアレです。これが一番ダイエット効果としては嬉しいなと感じています。

やはり日中はデスクワークなどの場合ずっと座っているわけで、できるだけ長い時間ゆるやかに脂肪が燃焼されるのであればダイエット効果も自然と現れそうですよね。
走りたいと考えている方はぜひ朝食前のジョギングをしてみてください。朝ごはんがとても美味しくなりますよ。