筋トレ環境が変わると負荷も変わる

筋トレ熟練者も慣れが必要

筋トレ環境が変わると負荷も変わる

筋トレの環境が変わると、体にかかる負荷がかわります。まったく同じ重さのバーベルでベンチプレスをしたとしても、重さは変わらないのに負荷が変わります。

これによって、筋肉は今までとは違う筋肉でバランスを取ってベンチプレスをするようになります。すると、負担がいつもとは違うため、筋肉痛が強めに出たりするのです。

これは私が今まで自宅で筋トレしていたものをジムに切り替えた時に痛感し、また海外のホテルに滞在したときのジムでも痛感しました。

バーベルの長さ、太さでも変化する

フリーウエイトの場合、バーベルの長さがかわるだけでバランスの取り方が変わります。特に熟練して筋トレのペースも掴んでいる人出あればまだ影響は少ないと思いますが、いつも鍛えているバランスとは違うところに負荷がかかれば当然同じ重量でも別の部位の筋肉に負荷がかかることになり、筋肉痛が起こることがあります。

また、いつも以上のウエイトが扱えなくなったり筋疲労が早まったりします。

数日間かけて軽いウエイトで慣らす必要がある

時間に余裕があれば、数日かけて新しいジムの環境に慣れていく必要があります。
とは言え、普通の筋トレレベルであれば、ちょっと環境が変わっただけでもマックスのウエイトを上げるのは困難でしょう。

まずは軽いウエイトで1週間から2週間ほど慣らしていくと良いと思います。
その中で、どこまで限界に挑戦できるかということを理解しながら、今までのマックスウエイトまで上げていく必要があります。

筋肉痛は仕方ない

このように筋トレ環境が変わることでウエイトコントロールのバランスが変わり、筋肉痛になることはよくあります。特に1種目の筋トレだけであればそこまで重症化しませんが、複数種目を1日でこなすのが当たり前ですから、複数種目で慣れない筋肉を使うことになり、大きな筋肉痛をもたらす可能性があります。

筋肉痛になってしまうのは仕方ないので、できるだけプロテインなどの栄養素を多く摂取して回復を待ちましょう。筋肉痛の治し方のページも参考にしてください。