冬に耳が痛くなる原因 ジョギング

寒い日に耳が痛くなる原因と対処法

冬に耳が痛くなる原因

冬の気温が低い時にジョギングをしていたり自転車に乗っていたりすると耳が痛くてもう続けられなくなる時がありますよね。耳が千切れそうになるほど痛い原因は寒さにあることはわかっていますが、なぜこんなにも痛くなるのか、解説します。

冬のジョギングや通勤のとき耳が痛くならないように参考にしてみてください。

寒さに耐えるための防衛が痛みを出している

寒い時に体から出ている耳が特に寒さの影響を受けやすくなっています。指先などが冷たくなりがちなのは同じようなことですね。

寒さが耳に伝わると寒さに対抗するために血流がよくなります。このとき同時に痛みを感じる物質が出てしまうので耳が痛みを感じるのです。これは耳だけでなく体のどこでも同様の痛みが起こります。氷の冷たさで痛みを感じるのは冬の耳の痛さと同じです。

このまま放置していると最悪は壊死します。それをさせないわうに体が勝手に血液を送り込んでくれるのです。

冬の耳の痛みに耐える方法

体温が高ければ当然耳の温度も高くなって、血液を送り込んで温度維持する必要性も低くなるので痛みはそれほど出ないでしょう。しかし異常なまでの体温上昇はあり得ませんし、外気に触れ続ける耳の温度だけ上げることもできませんから、やはり耳を出していると寒さで痛みは出てきます。

なので基本的には耳あてがベストです。風が当たらず温度も保てるため耳が痛くなることはほぼないでしょう。またニット帽などを被るのもいいですが、髪の毛が乱れたり、ジョギングなどでは汗が染みこんで鬱陶しいこともあって好き嫌いがあるでしょう。

耳の痛みを回復する

耳を温めてあげればすぐに痛みは引いていきます。外ならホッカイロを当ててあげるだけですぐ痛みは引いていきます。ただまたホッカイロを外すとすぐに耳の痛みは出てくるでしょう。ある程度長く温めてあげる必要があります。