語学留学の費用 格安で行く方法も

就職にも英語が話せると有利になります

語学留学の費用

アメリカなどへの語学留学は学生だけでなく社会人も多く挑戦しています。そこで一番気になるのが語学留学の費用です。どのような留学プランでどの程度の費用がかかるかを考えてみましょう。

語学学校と滞在先の費用

語学留学には留学期間に必要な学費や滞在先の家賃、食費などが最優先にかかってきます。留学する期間はあらかじめ決めることが簡単だと思いますから、語学学校をいくつかピックアップして予算を立てましょう。

語学学校を比較する際には、多くの学校の資料を集める必要があります。その際は無料資料請求でも、一括で複数の語学学校の資料を取り寄せることができるサイトを利用しましょう。

娯楽の費用

語学留学と言っても、現地の友達と交流してその土地の文化や習慣を学ぶことはとても大切です。
特に遊びで学べる英会話のほうがとても重要な場合が多く、語学学校だけでなく、多くの時間を友達と過ごすことで語学力を飛躍的に伸ばすことができます。

そのときに必要になる娯楽費用を現地の物価で考えて予算を立てていきましょう。
留学する前に週何日は勉強だけでなく遊びも楽しむ日を計画立てるのは大変ですから、日本で実際に使っている交友費をもとに考えてみましょう。

せっかく海外へ行くのですから、ケチケチとしていては語学留学を最大限に楽しめません。余裕を持った予算を立てましょう。

航空券

語学留学は大体1年間程度の期間で滞在することが多く、その間日本には帰らない人も多いと思います。
ですから、最低限の行きの航空券と帰りの航空券を買うことを考えれば良いでしょう。

留学保険

留学する場合は海外旅行と同じように掛け捨ての保険に入っていきます。
ほとんどが国際的に知名度のあるAIUの保険に入っていきますが、1年間の留学保険となると海外旅行と同じ金額とはいきません。
意外と忘れがちな留学費用のひとつですので、忘れずに見積もりを出しておくことをお薦めします。

語学留学後の進路

語学留学をしてある程度語学に慣れてきたら、次は大学などへの進学を考える人も少なくありません。
語学留学後にどのような進路を選択するのか、それを留学前に考えておきましょう。
帰国する予定がほぼ確実の方は関係ありませんが、進路や帰国後の仕事、学校が決まっていない場合は、両親と相談し、語学留学後の進路についてを資金面の確保から考えておくとよいでしょう。