高学歴の家庭教師

高学歴の家庭教師の選び方

高学歴の家庭教師

まず家庭教師を選ぶ際のポイントは高学歴かどうかでしょう。中堅大学に通う大学生家庭教師だからあまり良くないかも、と考えている方もいるかもしれません。では高学歴の家庭教師がベストなのでしょうか。選ぶ際のポイントとして抑えておきましょう。

成績向上を考えるなら高学歴でなくても良い

学校の成績を上げるような通常の学力向上を目的とした家庭教師を選ぶのであれば、高学歴かどうかはさほど問題はありません。要するに普通の学校の勉強ですから、基礎学力なわけです。中堅大学出身であったり在学中の大学生のような家庭教師でも十分務まります。

高レベル大学を受験するなら高学歴の家庭教師

子供が高校生で、名門大学などのハイレベルな受験勉強が必要な場合は、当然高学歴の家庭教師が必須となります。中には滑り止めで入学したような中堅大学出身や在学中の家庭教師がいますが、これは稀ですのでできれば高学歴の家庭教師を選んで下さい。

この理由は、ただ学力が高いとかの問題ではありません。ハイレベル大学に入るための勉強の方法、ノウハウがあるからです。結局は合格している人の勉強法が重要だからです。
どんな家庭教師だって、難関大学受験のための勉強内容はほぼ同じです。しかし勉強の仕方や考え方などは違ってくるのです。

その為にはこれから入りたい大学に既に合格した家庭教師がベストです。その難関大学に入るために何をしてきたかを全て子供が体得すれば良いのです。時間の使い方や勉強の方法なども教わることが出来るでしょう。

高学歴だから良いというわけではない

高学歴の家庭教師だから良いというわけではありません。まずは子供との相性がよくないとダメですね。これは家庭教師センターなどを利用すれば交代は可能です。だいたい1ヶ月程度様子を見て良くないと思ったら交代してもらいましょう。

替える際もできれば入りたい難関大学に合格している家庭教師を選ぶようにします。ここはできればブレないほうがいいですね。
ただし東大や早慶などの場合は何校も受けている場合がありますので、受験していたかどうかなどを事前に確認して、合格しているようなら同等レベル大学に合格している家庭教師でも良いでしょう。

高学歴の家庭教師が揃っている家庭教師センター

お薦めの家庭教師センターは家庭教師のがんばです。何度でも家庭教師の交代ができるほか、高学歴の家庭教師が写真で見ることができます。自宅に来てもらうのでやはり家族との相性も良いほうがいいですよね。これはとても便利ですので一度見てみて下さい。
1ヶ月ほどどれくらいの成果がでるのかを見極めてダメであれば別の家庭教師を探すこともできるので失敗は減るでしょう。