眠気覚ましの方法

エスタロンモカ、コーヒーで一気に眠気を飛ばす

眠気覚ましの方法

受験勉強や資格試験の勉強で睡眠時間を削るしか時間を確保できない場合が多いでしょう。しかし眠気が襲ってきて仕事にならないという場合もあります。特に眠気が覚める方法と食べ物飲み物をご紹介します。しかし無理はしないようにしてください。本当に眠気が覚めます。

眠くなったら身体を動かす

眠いなと思ったらすぐに椅子から立って軽く歩きましょう。キッチンへ行ってコーヒーの準備をするのもいいでしょう。トイレに行ったり、窓を開けて空気の入れ替えをするのもいいですね。顔を洗うのもさっぱりして眠気を覚ますことができます。

とにかく同じ体勢をとりつづけないことです。誰でもできる一番簡単な眠気覚ましの方法です。が、これだけだとすぐまた眠くなります。それでは眠気を覚ます本格的な方法を解説します。

エスタロンモカを飲む

エスタロンモカはカフェインが大量に入った錠剤です。ビタミンも配合され、だるさなどを解消します。これは今まで飲んだ眠眠打破などのドリンク、ガムなどと比較にならないくらい覚醒できます。
一応一回1錠で1日3錠までとされていますが、本当に起きていないといけないときは3錠くらい一気に飲みます。

また同時にコーヒーを飲むのもいいですね。これはいきなりたくさん飲むとかなり危険なので、まずは1錠から飲んでみて眠気が覚めるかどうか確かめてください。だいたい1錠とコーヒー多めに一杯飲むだけでも30分後には目が覚めてきて、頭も冴えてきます。

それでも眠くなってしまうようでしたら1時間程度あけてもう1錠飲んでみてください。このようにして眠気はかなり覚めてきます。私は大体昼食後の眠くなる時間にコーヒーとエスタロンモカ1錠、帰宅してから夕食後に1錠とコーヒー2杯で朝まで仕事をしています。

かなりお薦めです。カフェインに弱い方は1錠で様子を見てくださいね。

コーヒーを飲む

コーヒーを一杯二杯飲んでも眠気なんて取れないという方が多いと思いますが、エスタロンモカと併用して飲みます。私はだいたい大きめのマグカップで3杯は飲んでいますが、良い感じで眠気は覚めます。ティーカップくらいの量では少ないかもしれませんね。

またコーヒーはかなり濃いめに作ります。インスタントなら気持ち多めに。粉のドリップでも同様に多めに入れてください。あまり濃すぎると飲めない方もいるので、大きいマグカップで大量に飲むほうがラクかもしれませんね。私はコーヒーが好きなので眠気覚ましとコーヒーを楽しむのも兼ねて飲みまくっています。これは誰でもできる眠気覚ましの方法ですのでぜひ試してみてください。

ガムを噛む

ガムは別にブラックガムでもなんでも大丈夫です。私はブラックガムはただスースーするだけで眠気は飛ばさないと感じているので普通の30分持つようなガムを噛んでいます。やはりガムは噛んでいるだけで眠気を忘れられます。眠気が覚めるわけではないのがポイントです。気を紛らわせる感じで使ってください。

そのあとコーラなどの炭酸を飲むとメントール系の刺激をモロに食らうのでお薦めです。これはけっこうリフレッシュして眠気は取れる気がします。ただし一瞬だけですが。
コーラにも一応カフェインが入っているので、氷を入れてスカッとするのを楽しむのにもいいと思いますよ。

以上で私がやっている眠気を飛ばす方法です。シンプルですが実際にこれでかなり起きています。