昼食後の眠気を覚ます方法

午後眠くなってしまうのを防ぐ眠気覚ましの方法

昼食後の眠気を覚ます方法

昼食後はどうしても眠くなりますよね。1時に昼休みが終わって2時にはもう眠気がマックスになっている方はかなり多いはずです。勉強に限らず社会人でもそうなんですからもうどうしようもないです。しかし眠気を覚まして集中力を高める裏ワザがあるのでご紹介します。

エスタロンモカが最強の眠気覚ましになる

眠気覚ましには眠眠打破やブラックガムなどがあますが、それほど効果が感じられない方が多いのではないでしようか。
私が本気でお薦めできるのがエスタロンモカです。錠剤のカフェイン剤で、ビタミンが添加されていてダルさも軽減します。1錠で100mgのカフェインが入っています。コーヒー1杯以上の量が1錠で摂取できます。

ポイントは昼食後すぐにコーヒーと一緒に飲むことです。眠くなってきてから飲んでも気分的に目が覚めてくる感覚は感じにくいです。1日3錠までで、1回1錠とされていますが、最高に寝不足を感じている場合は2錠一度に飲みましょう。

日々コーヒーを毎日5杯以上飲んでいる方は効き目が感じられないようなこともありますが、一気に多量摂取すると危険ですのでここまでにしておきます。私は3錠とコーヒー2杯で過ごすこともありますが、あまりお薦めはできません。これで眠気はなくなり覚醒するので勉強も仕事もかなりはかどります。

昼食後に眠気が襲ってくるのは仕方ない

昼食後は食べたあとだから眠くなるのではないんです。実は睡眠のサイクルとして2時前後は眠くなるとされています。
その理由が夕食を食べて1時間以内に眠くなることってあまりないですよね。朝食の後だってそうです。

睡眠のサイクルとして朝起きてから6時間前後経つと眠くなるようにできているのです。だから昼食後眠気が襲ってくるのは仕方ないし、寝てもいいんですが、実際はそうもいかないですよね。

昼食後の眠気を覚ましたいと思っている方は既にガムを噛んだり、顔を洗ったり、ちょっと歩いてみたりといろいろやっているはずです。コーヒーだって飲んでいるかもしれません。それでも眠気がひどいという方が検索してくるのですが、やはりエスタロンモカが一お薦めです。12錠入りでたった300円以下で買えるんです。コーヒー1杯以上が30円以下で摂取できるわけです。しかもコーヒーよりも眠気覚まし効果は確実に高いです。

眠くなる前に1錠は飲んでおくと、気が付けば眠気を感じずに勉強、仕事をしていることでしょう。

そもそも眠気を起こさないようにする方法

そもそもランチの後に眠くなるのを防ぐには、満腹にしないことです。ランチでは特に炭水化物を減らしてサラダや肉類を食べるようにしましょう。炭水化物によって血糖値が上がり、下がっていくと眠くなります。これは仕方ないので、食事を変えて炭水化物を極力摂らないようにすると眠気も少し防ぐことが出来ます。