クレアチンの成分比較

DNS クレアチン

DNS クレアチンDNS クレアチン
成分比較(5g)
エネルギー 18kcal
たんぱく質 4.4g

脂質 0g、炭水化物 0g、ナトリウム 0.4mg

クレアチン・モノハイドレート 4.99g

瞬発力・爆発力をアップさせるエネルギー源になると言われるクレアチンを100%使用。パフォーマンスを上げたいアスリート、疲労を軽減し最高のパフォーマンスを長時間保ちたいアスリートにぴったりのサプリメント。

DNS クレアチン メガローディング α+

DNS クレアチン メガローディング α+DNS クレアチン メガローディング α+
成分比較(7g)
エネルギー 24kcal
たんぱく質 5.0g
脂質 0.1g, 炭水化物 1.1g, ナトリウム 0.4mg

クレアチン・モノハイトレード 5.72g
α-リポ酸 100mg

α-リポ酸と同時摂取することによって、通常ならば1週間近くかかるローディングが、たった数日で完了することを可能に。さらに活性酸素までケアし、短期間の休息で次のトレーニングを行うことが期待できます

ザバス(SAVAS) ラボ クレアチン

ザバス(SAVAS) ラボ クレアチンザバス(SAVAS) ラボ クレアチン
成分比較(5g)
エネルギー 17.8kcal
たんぱく質 4.45g

脂質 0g、炭水化物 0g、ナトリウム 0.45mg

クレアチン・モノハイドレート 4.99g

クレアチンは通常、肉・魚類から摂ることができ、消化過程を経て筋中に蓄えられて、爆発・瞬発力のエネルギーとなることが報告されています。ローディング・メンテナンス期に。あらかじめ少量のお湯に溶かし、糖質を含む飲み物に混ぜてどうぞ。