退職を告げる

退職を告げる上で重要なことをまとめました

退職を告げる

退職を考えた場合、どのようにして上司に告げるのが正しいのか、スムーズにいくのかを迷う方が本当に多くいます。そんなにたくさん会社を辞める経験がないから当然です。ですから告げる前にどのようにすればベストなのかを確認しておきましょう。

退職を告げるタイミング

辞めたいな、と思っている期間は人それぞれですが、実際数ヶ月や数年間考え続けている人もいるでしょう。気持ちとしては持っているけど、いつ告げればいいかのタイミングがわからないんですよね。

基本的には辞めたいと思って翌日からやめれることはほぼないと考えて下さい。民法上は2週間前には退職の意志を告げなければなりません。ですから、最低2週間前に上司に報告する義務があります。

ただしそれ以前の問題で、業務上引き継ぎなどがあるはずですから、2、3ヶ月前に言うのが妥当でしょうね。そもそもずっと辞めたいと考えているのですから早めに告げたほうがいいのです。仕事でのトラブルも少なくなりますし、何よりも円満退社ができます。

ベストなタイミングとは

例えば平日勤務の会社だとすれば、週の最初である月曜日にサッと報告してしまうか、それともその後顔を合わせなくなる金曜の午後に告げるか。これが一番多いと思います。あとは上司の都合でしょうね。

基本的には人が多いところでは言わず、別室で上司と会話するのがベストです。社内の混乱が生じてしまうからです。ですから上司が忙しくないだろうというタイミングを見計らうのがよいでしょう。

退職意思の告げ方

基本的には直属の上司にふたりきりで口頭で告げるのが原則です。退職理由は不満等は言わず、自分の考え方などだけ適当に伝えればよいでしょう。転職先のことなどは特に決まっていないということでOKです。少しつかれたのでゆっくりと考えたい、ということでも大丈夫です。

それから上司がさらに上に報告し、最終的に退職がOKということになれば退職願を正式に提出します。いきなり退職願を提出するのはマナーとしてどうかな、という部分がありますのでやめておきましょう。

辞めると言う勇気

入社面接よりも退職を告げるほうが勇気がいるし緊張するらしいですよ。だから今日も会社をやめたいと言えなかった、と落ち込むことはありません。むしろそれが普通です。
会社をやめるのはとても勇気のいることですし不安も出るでしょう。だからこそしっかりと心を決めて告げることが大切なのです。