退職するときに必要な貯金額

退職するまでに貯めておきたい金額

退職するときに必要な貯金額

退職してすぐに転職先が決まっている場合はお金の心配をする必要はありません。しかし退職してから求人を探したり転職活動する場合や、在職中からしているけどなかなか決まらない場合はある程度のまとまった金額が必要になります。起業する場合なども同様で、事業用の資金とは別に生活費も確保する必要があります。では一体どの程度の貯蓄額があれば安心できるでしょうか。

欲を言えば1年分の生活費は貯蓄したい

退職前の貯金額次の収入の目処が立つまで、どの程度の期間がかかるかは人それぞれですが、ずっと職が決まらない状態だと精神的にも苦しくなっていきます。
そこで1年は何もしなくても最低限くらしていけるだけの貯蓄がある場合、それほど凹まずに求職活動ができるはずです。金銭的な不安がすべてを壊します。そんなことのないように、余裕ある生活費を確保しておきましょう。

贅沢をしない1ヶ月の生活費が15万円程度だとすると年間で180万円です。なかなか貯められるものではありませんが、すぐに次の仕事が決まるとも思えません。また贅沢を一切しないということでこの額ですから、生活は快適とはいえないかもしれません。

退職後3ヶ月後には失業保険が出る人もいると思いますので、そういう場合は半年の生活費があれば十分かもしれません。ただし年齢や性別、学歴、職歴によって就職難である場合も否定できないので余裕はあったほうがよいでしょう。

ギリギリの生活で耐える場合

食費等は抜きにして3ヶ月分ちょっとの家賃と光熱費を確保します。このあと失業保険が出るのであれば、それを頼りにして3ヶ月以内に転職先を見つけるか、少ない貯蓄で生き延びます。
失業保険が出れば生活は楽になりますのでお金の心配をせず存分に求職活動が可能です。

貯蓄がなければ実家に帰る

退職前の貯金額現実的に1年分の生活費を貯金できていたら苦労はないはずです。半年でもいいので貯金があればそのまま転職活動を続ければ良いと思いますが、実際貯金出来ない人がほとんどで、辞めるときも突発的に辞めてしまう人も少なくないはずです。

貯金がほぼゼロに近い場合は思い切って実家に帰りましょう。地元で就職先を探すなりバイトなどをして貯金をして出直します。無理な場合はどんな仕事も選ばずバイトか派遣などをして食いつなぎ、求職活動する必要があります。これは思った以上に壮絶です。

辞める前に100万円程度は貯めておきたい

いくらが妥当かというものはありませんが、100万円程度はあれば生活していける範囲内の貯蓄額であると言えます。住んでいる地域が東京か地方かで大分違うので目安として100万円にすると気持ちとしても余裕が出てくるのではないでしょうか。