退職日をズルズル伸ばしてしまう理由

退職できない理由はなに?

退職日をズルズル伸ばしてしまう理由

会社を辞めたいと思っていても、なかなか辞められない場合が多々あります。これは人それぞれですが、いくつかの共通の理由があり、その原因を理解することで対処方法が明確になります。辞めたいのに気がついたらまだ働いていた、という方必見です。

仕事が激務すぎて穴を開けられない

忙しくて退職できないこれが一番多い理由ではないでしょうか。葉ごとが絶え間なく入ってきてずっとかかりっきりになってしまい、退職の意志すら上司に出せないという場合です。これはお金を稼ぐという点ではよいことですが、これから退職しようと思っている方にとっては辞められない原因のひとつになっています。

この場合は今すぐ、『○月を目処に退職します』と伝えましょう。いきなり来月というのはキツイと思いますが、今やっている仕事のある程度の区切りがつくところで退職日を告げておくのです。こうすることでそれまでに人員の募集をかけるとか、異動を考える、予算配分や見積もりなどの変更が可能となります。

これくらい強引にねじ込まないとなかなか退職できない仕事もありますから。

人が足りなくてやめるにやめられない

慢性的な人員不足というのはどこにでもあることですが、実際会社組織ですから人はいくらでも補填できるはずです。よほど特殊な技術が必要である場合や過疎地での人手不足を除いては求人をかけていくらでも補填できます。

ですから、まずは半年程度の長いスパンで退職予定を出して、すぐに求人を出してもらいましょう。3ヶ月で採用が決まり、残り3ヶ月以内に引き継ぎを終わらせて職場に馴染んでもらえば半年あれば十分なのではないでしょうか。職場によっては引き継ぎは1ヶ月もかからない場合もあるでしょう。

とにかく余裕をもって求人募集がかけられるようにこちらも気を遣って退職意思を伝えることがポイントです。

お金がなくて辞められない

お金がなくて退職できない生活費に困る、もしくは借金があって辞められない、という方は他に方法はありません。お金を貯めるか返済してください。
一番良い方法は実家に帰ることです。実家で生活費は10万円程度は浮くはずですから、まずは実家に帰ってお金をためるか完済して、それから余裕をもって退職するようにしましょう。

転職先が決まってから退職できるような良い流れになればいいですが、実際はそんなにうまくいきません。ですからまずは貯金です。毎月数万円貯金して、半年分の生活費が貯まるくらいの余裕があるほうが気持ちにも余裕が出て転職活動もうまくいくのではないでしょうか。不安そうな顔の方は採用される確率は下がります。

引き止めがきつくて辞められない

引き止め古株になっていたり、特殊なスキルがある場合は会社にとってとても重要な人材になっていますので、辞めないでくれと引き止められて簡単にはやめさせてくれない場合があります。泣き付かれたりする場合もあり、流されやすい人はズルズルと退職できずに残ってしまう場合も。

それでも辞めたいと考えているのであれば、やはり早めに退職の日程を決めて伝える必要があります。辞めたいというだけでなく、何月何日を退職希望日とするというように具体的な日にちを出すことがポイントです。

ただし絶対に希望日に退職できるとは思えませんので、そこは前後して柔軟に対応してもらいましょう。