急な退職も押し切る

急な退職でも辞める方法

急な退職も押し切る

もう耐えられない、今すぐにでも辞めたい!と思っている方は少なくないでしょう。でも退職って引き継ぎとか色々あるからすぐにはやめられないし・・・と思っていても実際はすぐ辞めることが可能です。もちろん明日退職します、というのは無理がありますが、1ヶ月程度時間があれば全く問題ありません。数週間でも退職は可能です。

引き継ぎはやろうと思えばすぐできる

もともと自分の業務をマニュアル化しておくと手っ取り早いです。用意周到な人は常にやめられるようにマニュアルを作っている場合があります。その場合は口頭での質疑応答をして引き継ぎマニュアルの説明をすれば完了です。

そうでない場合も、どうしても期日までに退職したいことを言い続ければ適当な引き継ぎでもそのまま退職日になってしまい退職できるはずです。

後任の採用が決まらなくてもやめられる

人材不足で新規採用しないといけない場合も、無理を言えば辞めることは可能で、人が足りなくても誰かが引き継いでやることになるので問題ありません。
ただしその後会社内での評判は悪くなりますし、何かのきっかけてで取引ができるようになったりするととても気まずいです。

絶対にこの日に退職する!と言い張る

急な退職をそのまま押し切るのは頑として意地をはって絶対にこの日に退職すると言い続けることです。月末を退職希望日としたら、何度か引き止めが出ると思いますが、絶対にこの日以外は無理だと言い続けましょう。

お互いに折れる部分は必要ですが、ここは退職日を会社側に折れてもらい、別のことでこちらが折れるなどするとスムーズに話が進みます。

急な退職を押し切る場合は相手のことも考える必要がある

自分の希望日で退職することだけは曲げてはいけませんが、それ以外では何かあれば電話で対応しますとか、有給休暇消化は不要だとか、自分から引き継ぎ作業を相手にわかりやすく説明するとか、印象悪く押し切って辞めるのはよくないでしょう。

せっかく縁あって同じ会社にいるのですから、無理せずお互いに妥協点を見つけて折れるところは折れて希望日に辞めるようにしましょう。