定年退職後の仕事 再就職や再雇用

定年退職後の仕事とは

定年退職後の仕事

60歳まで会社で勤め上げて、そして定年退職。その後の人生は今は30年くらい生きる人もザラです。しかも60歳はまだまだ現役で体もしっかりと動きます。そんな年齢で定年退職するのはもったいないですが、仕方ありません。定年退職後もまだ働きたいと思っている方が多いです。

勤務先で再雇用してもらう

最初に考えられるのが再雇用です。もともと自分がいた会社に勤務時間と給与は減るものの再雇用してもらうことができるところが増えています。
仕事内容も覚えているし、人間関係もわかっていてやりやすい場合は再雇用を考えましょう。

給与は下がりますが、勤務体系も今までとは違い単純に時間が減ることがほとんどです。時間を有効に使って定年退職後の楽しみを満喫も可能ということです。

アルバイトをする

多くの場合はアルバイトですね。高齢になってくると働ける場所がかなり狭まってくるため仕事が選べないことが多いですが、それでも働くことに生きがいを感じている方にはぜひアルバイトをお薦めしています。

ただし職場環境にかなり左右される可能性があるので無理して続けることはせず、居心地よく仕事が楽しいと思えるアルバイトを探してください。定年退職した後に仕事で嫌な思いはしたくないでしょう。

自営業を始める

定年退職後は自分で事業を始めるという方が意外と多いです。例えば飲食店を始めたり、前職の代理店を始めたり。自分でお店を開くというパターンが多いのですが、これは家族の反対に合う場合も。

何年後にはうまくいつて軌道に乗っている、というプランを出して相談してみましょう。

定年退職後は仕事をしたほうがいい

今まで仕事だけに向かっていた方は特に退職すると何をすればよいかわからなくなってしまうことが多く、体が元気であれば仕事はどんどんしたほうが良いでしょう。
変な話暇つぶしになりながらもお金がもらえて、さらにやり甲斐がある仕事であればそれが生きがいに繋がります。

仕事を通して人とも関われるので、老後も仕事をしたほうが良いことは言うまでもありません。ただし無理をしすぎると体を壊す可能性が高まり、病院にかかることが増えてしまいますので無理せずに働けるところを選んでください。