感情的にならずに退職する

退職の嫌がらせに対抗するための方法

感情的にならずに退職する

例えば、円満退職ができない場合。大抵はこちらも感情的になってしまいます。例えば、もうやってられないから会社には出社しない、退職届を出すから手続よろしく、みたいな感じですね。これはダメです。こうなるとあとでこちらからは何も言い返せません。

ひとつでも弱みを握っていると、相手は仕事の時間で職務として嫌がらせ対応をしてきますが、こちらはプライベートな時間を使ってその対応を続けなくてはいけなくなります。退職後に気持よく次の仕事や生活に移るためにも、立つ鳥跡を濁さず、にしないとダメです。

訴訟時にも色々と面倒

不当解雇だったりパワハラ被害だったりする場合、こちらに否がないような状況をできるだけ作ることが大切です。大抵の場合、訴訟を起こしたとしても弁護士費用と時間と労力がかかるだけでほとんどお金をとれないことが多いため、そのまま泣き寝入りが多いですが、できるだけちらに有利な状況を作っておくのは大切です。

基本的に会社に悪いように状況が作れればOKです。それを悪用するということは無理にしないほうがいいですが、こちらが悪いという状況にならないように心がけます。

円満退社してハローワークへ

会社の理不尽な要求にはこたえなくていいです。例えば退職日を前倒ししてくれ、というのは拒否しましょう。誠意ある交渉であればいいですが、一方的に会社損が出ないようにするためにそうする場合は断固拒否で良いでしょう。

このことも記録としてとっておいて、離職票とともにハローワークに持って行きましょう。大抵は自己都合退職とされていますが、会社の都合で解雇されたような状況であれば会社にハローワークから監査が入ることもあります。

また会社側には会社都合退職の記録も残るので助成金申請などにも影響を出せる可能性がでます。

反抗はこの程度にしておいて、個人的に直接会社と戦うのは止めましょう。無駄すぎます。

先程も書きましたが、会社は営業時間内に仕事として嫌がらせをしていますが、退職したこちら側はプライベートな時間すべてをむかつく会社のために充てなければいけないし考えてしまいます。これだけストレスがかかって無駄なことはありません。

会社が潰れてしまえばそれがベストですが、大抵はそうならないんですよね。こんなに倒産件数が多いのに不思議です。

結果として会社から何かをつつかれないようにするためには、退職までに弱みを見せず感情的にならずに退職することです。何か退職にあたって不安な場合は労務局にいくかハローワークでこのように退職を迫られているけど、この対応方法で本当に良いのか、という相談をしましょう。

すると会社に連絡が入ります。
このように第三者を挟んでしまったほうが気がラクです。