離職票が届かない時の対処法

離職票がもらえない時の対処方法

離職票が届かない時の対処法

離職票というのは、会社をやめたときに会社側から届くもので、これを持ってハローワークに届け出ることで次の就職活動などが動きます。

離職票には退職の自己都合や会社都合などの記載から正式な退職日などが記載されていて、新しく保険や年金などを切り替えられる場合はその日付を元に手続をしてもらいます。

しかしこの重要な離職票を嫌がらせで送ってこない極悪非道な会社や経営者がいます。基本的に離職票は退職日から10日以内に届けられることになっています。私の知り合いは1ヶ月以上離職票が届かず無視されているという人がいて、その会社はどうしようもないクズ会社でした。

離職票は10日前後に届け出すもの

離職票を送ってくれない会社はそもそもが理屈の通らないようなひどい会社である場合がほとんどで、離職票が届かないから送ってくれと言っても送ってこないことがあります。また、退職までの間に会社とのトラブルでもう連絡をこちらからとりたくない、という人も多いはずです。

そんな会社との関係がいくら悪化していようとも、離職票は退職日から10日前後でハローワークに出さないといけません。失業保険などの関係もあったり、次の就職先に提出したりと遅れるだけこちらに負担がかかるのです。

本来はすぐに離職票を退職者に渡すのですが、悪い会社はそんなことはどうでもいいと思っているので何もしてくれません。最速しても反応なしということもザラにあります。

しかし離職票を出さないと雇用保険法第7条違反になるので、会社は離職票を私たちに渡さずに適当な事をすることが多いです。

ハローワークに告げ口すればOK

離職票なんて普通送るだろうと思っている人が多いですが、実際会社は自分たちが上でやめた個人がガタガタ言ってんなよ、という態度にでることが多く、離職票を郵送しないことが多いです。

その場合はすぐにハローワークに会社が一向に離職票を郵送してくれなくて困っているということを告げ口しましょう。その際は電話の録音やメールのコピーなどをすべて持っておくのもいいですね。とりあえず退職時にパワハラや恨み節などを言われて嫌な気分になっていたら全てにおいて証拠を取っておいたほうがいいです。

まあ、離職票が届かない、とハローワークに言うだけでハローワークから会社に離職票の送付を促す連絡がいきます。

普通はハローワークから連絡が来たら何かしら動くはずですが、極悪や会社の場合はそれも無視します。

離職票の再発行をお願いする

とんでもない会社の場合は離職票を送らないことで嫌がらせをしてきますので、その場合はハローワークで離職票を紛失したということで届け出ます。そうすると再発行してくれます。

申請書類、離職票再交付申請書、添付書類、免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出して再発行してもらいましょう。

なぜこんなことを自分がしないといけないんだと思いますが、本当に会社には嫌なやつがいるもので、離職票を送らないという嫌がらせは横行しています。失業保険の給付にも響くことなので、過去のキモいやつのことは忘れて新しく進むほうが断然賢いでしょう。