短眠だった歴史的人物たち

短時間睡眠だった世界的著名人

短眠だった歴史的人物たち

そもそも毎日寝ないわけでもないですし、1、2時間しか寝ないことが短眠ではありません。ショートスリーパーの人は眠りの質が凡人と違うことを理解すると、短眠であることがそこまで健康を害するわけではないと判るでしょう。

歴史的に偉業を成し遂げている人物ではけっこう多くの人がショートスリーパーなんですよ。一例を挙げてみましょう。

ナポレオン

ナポレオンは1日の睡眠時間が3時間だったとか。毎日の戦術研究に時間を費やしたそうで、3時間でも平気で、昼寝を少し取り入れていたという話があります。

ビルゲイツ

ビル・ゲイツはウインドウズの開発時は毎日数時間の睡眠でも平気だったと言います。
学生時代は2、3日眠らないでプログラミングをていたと言われています。当時ビルゲイツのオフィスは眠らないビルとして知られていました。

エジソン

一緒に研究していた人たちからは、「エジソンが寝ている姿を見たことがない」と言われていたそうです。さらに蓄音機の発明のときは不眠症患者に協力を依頼し、5日間かけて不眠不休で完成させたそうです。

寝ないことがすごいことではなく、睡眠時間を削ることで活動時間に充てることが重要ですね。
短眠自体が何か目標がないと続けられないわけで、明確な目標や活動内容を決めて行いようにしましょう。