受験勉強のための短時間睡眠の方法

受験勉強向けの短時間睡眠

受験勉強のための短時間睡眠の方法

受験勉強で徹夜はかなり多いと思います。しかしすでに色々な情報を得ている皆さんは睡眠の重要度がとても高いことを知っているはずです。それでも時間を出来る限りめいいっぱい使って受験勉強、テスト勉強にあてたいはずです。

その際に重要なのが、ベストな睡眠をとって短時間睡眠で受験勉強やテスト勉強を効率よく最大限の成果を出すことです。

中学受験のための短眠方法

小学生は短眠はしないほうがよい

中学受験ですから、勉強するのは小学生となりますよね。その場合、大人と同じように4時間半睡眠や3時間睡眠は成長過程を考えると好ましくありません。ただし受験勉強で睡眠時間を削るしかない場合があります。その際は6時間程度までにとどめましょう。

昼寝は大人が時間管理してあげる

本来小学生は睡眠時間を8時間以上とることで成長をスムーズにしてくので、6時間程度の睡眠だと足りない場合が多く、睡魔との戦いが始まります。そんな時は20分以内の昼寝をさせてあげてください。ただし、大人が付き添って、20分以内に確実に起こすことです。それ以上寝てしまうと効率が悪くなって勉強ができなくなってしまうでしょう。

高校受験のための短眠方法

睡眠時間6時間を基本にする

成長段階ということを考えると、基本的に睡眠時間は6時間にするように心がけましょう。休日は7時間半程度長く寝ると良いでしょう。ただしどうしても勉強が追いつかず、短眠しなくてはいけない場合は、4時間半睡眠に減らして一時期的にその場をしのぐのもありです。そのあとは体を壊さないように栄養を摂り、睡眠時間も6時間以上に戻すようにしましょう。

朝起きて復習することで記憶に定着する

短眠をする場合、深夜まで起きているのではなく、朝早く起きることで睡眠時間を短縮しましょう。朝起きてから前日の復習をすることで脳に記憶が定着しやすくなります。また、朝起きてから勉強する習慣がつけば、体内時計がしっかり整えられるため体調を崩すことも防げます。

大学受験のための短眠方法

高校生、予備校生は4時間半睡眠でOK

身体的な成長がピークをすぎるので、受験勉強、試験勉強のときは4時間睡眠でしっかりと短眠して勉強しましょう。ただし無理な短眠ではなく、しっかりと熟睡して基本的な短縮のコツを掴んだ上で実践してください。勉強の効率が悪くなってしまってからでは手遅れになることも。

通常時は6時間睡眠で勉強し、受験勉強のピーク時に4時間睡眠を取り入れると負担が少なくて済みます。短眠の期間と通常の期間の起きる時間を一定にすることで切り替えも無理なくできるはずです。

いつも起きる時間を一定にすることがとても重要です。

入浴後は勉強せず寝る

夜、お風呂に入ってから続きの勉強をしようとしても体温が下がることで眠気が極端に襲ってくるでしょう。集中力も低下するため、勉強ができる環境とは言えなくなってしまいます。お風呂に入ったらもう寝る、というスタンスは崩さず、自然と入眠して熟睡できるようにすることが大切です。

入浴は勉強が全て終わってから、これが短眠の原則です。