パスポートの申請・更新 期限切れのチェックを

海外旅行前はパスポートの取得と更新を忘れないように

パスポートの申請・更新

海外旅行は老若男女問わず当たり前の世の中になってきました。
格安航空券なども普及し、景気回復によってさらに海外旅行の人気が高まるでしょう。
その海外旅行で必要なのがパスポートです。
初めてパスポートを申請する人や今まで使っていたパスポートを更新する方法をご紹介します。

パスポートの申請方法

まず、東京都でパスポートの申請をするためには、都内に住民票がある方になります。
他の都道府県でも原則同じようになっています。

パスポートの申請に必要な書類

パスポートの申請に必要な書類は以下の通りです。

一般旅券発給申請書
パスポート申請書は10年用と5年用で異なりますので申請するほうどちらかを用意してください。
また、20歳未満の場合は5年用のみの申請となります。
この申請書は各区市の窓口などでも入手できましたが、申請書が不足しているため、パスポートを申請する旅券窓口から手に入れることをお薦めします。

戸籍抄本または戸籍謄本
戸籍謄(抄)本は、手数料450円で本籍地の区市町村の戸籍係で手に入ります。
パスポートの申請には6ヶ月以内に発行されたものが必要です。

パスポート用の写真
縦4.5cm×横3.5cmのもので6ヶ月以内に撮影されたものを使用します。

未使用の50円の郵便はがき
住民票に記載されている住所をあて先に書き、名前と郵便番号を記入して用意します。

本人確認のための書類
運転免許証・写真付の住基カード・船員手帳・宅地建物取引主任者証等

これら以外の身分証明証の場合は以下から2点が必要です。
健康保険被保険者証 / 国民健康保険被保険者証 / 船員保険被保険者証
介護保険被保険者証 / 共済組合員証 / 国民年金手帳 / 国民年金証書
厚生年金保険年金証書 / 船員保険年金証書 / 共済年金証書
恩給証書 / 印鑑登録証明書と登録印 / 写真付の身体障害者手帳

また、学生証 / 会社等の身分証明書 / 公の機関が発行した資格証明書の場合は上記のものと1つずつ用意することでも対応できます。

パスポートの申請をする

パスポートは申請してから受領できるまで、土曜・日曜・祝日・国民の休日・年末年始を除いて6日かかります。海外旅行までに余裕を持って申請する必要があります。

申請手数料
10年間有効 (20歳以上) 16,000 円
5年間有効 (12歳以上)  11,000 円
5年間有効 (12歳未満) 6,000 円

パスポートの受け取り
パスポートの受け取りは本人しかできません。窓口は、申請書を提出した旅券窓口です。
また、パスポートは申請した日から6か月以内に受け取らないと失効しますので注意が必要です。

パスポートの更新

パスポートを更新できる場合としては以下の通りです。

更新に必要な書類

パスポートの更新の申請
新規申請と同じように更新の場合もパスポートの申請が必要です。
また、受領も同じように本人のみの受け取りとなります。