地デジ

2011年に切り替わる対応はできていますか?

2003年12月1日から、関東・関西・中部で、地上波を使用して開始された地上デジタル放送です。
この地デジは、2010年までに全国展開し、日本全国で受信可能になる予定です。
地デジでは高画質・高音質・データ放送・字幕放送など、現在のアナログ放送よりも格段に使いやすさ、快適さが良くなります。
そして現在の地上アナログ放送は2011年7月24日を以て全国一斉に終了し、地デジ対応のテレビ以外のものではテレビが見れなくなります。

何がメリットなの??

地デジのメリットは何と言っても高画質・高音質でしょう。
アナログ放送では、雑音で映像音声が劣化したり、高い建物などの影響で反射電波によるゴーストが起こりますが、地デジでは、劣化やゴーストはなく、高品質の映像・音声が楽しめます。
また、16:9のワイド画面、ハイビジョンの高画質、CDなみの高音質でまるでその場にいるかのような臨場感と迫力を楽しめます。

そして地デジではデータ放送による天気予報やニュース、番組表がいつでも見ることができます。
さらに番組の録画予約も簡単にすることができます。

また、バリアフリーで、字幕放送や音声をゆっくりしたスピードで見ることができたりもします。

受信方法

地デジ対応のテレビを買うか、現在のテレビに地デジのチューナーを接続するなどして受信します。
また、UHFアンテナがない場合はそれを設置する必要があります。
また、アンテナで接続せずにケーブルテレビから直接地デジを受信することも可能です。

携帯で見てみよう

地デジは移動に強いということがあります。
今までのアナログ放送では移動するど映像が乱れることがありましたが、地デジの場合は、電波が入ればどこでもクリアな映像がみれるところが特徴です。

そこで携帯電話で地デジが見れるワンセグケータイが今人気ですよね。
このように移動してもクリアに見れる地デジは家にいなくてもテレビを見れるようにしたのです。

双方向性

地デジでは、双方向に情報のやりとりをすることができます。
これはテレビを見ていて、番組のクイズに参加することができたり、こちらからもテレビ側に参加することができるのです。
地デジによってこれからは「見るテレビ」よりも「使うテレビ」になっていきます。

なぜ地デジにするのか

日本では電波の利用が過密になっていて、これ以上電波を利用できない状況にあります。
そのため、デジタル化すればチャンネルに余裕ができ、さらに今までの電波を情報通信技術活用社会、情報化社会の進展のために利用することになっています。
さらに地デジでは、デジタルで圧縮して受信するために、大量のデータを扱うことができ、高画質・高音質で地デジ番組を楽しむことができます。

コピー制御

地デジでは、画質・音質を劣化させずに録画・ダビングが可能なため、番組の著作権保護のため、1回だけ録画が可能な信号を加えています。
さらに地デジ対応テレビやチューナーに付属されているB-CASカードを入れないと地デジは見れないようになっています。
これらの1回だけ録画できる機能はデジタル録画機の話で、VHSビデオテープなどへの録画はこれまでどおり何度でもできます。

Topテレビ > 地デジ

▼さらに地デジについて調べる