女性

女性

ピルの副作用で血栓ができる

ピルの副作用で血栓ができる

低用量ピルは生理痛、子宮内膜症などに効果があり今では多くの婦人科で処方され一般的になっていますが、副作用として血栓ができるリスクが数倍にまで高まることがわかっており、死亡例も出ています。
ピルの副作用で血栓ができる

女性は20代から保険に入るべき

女性は20代から保険に入るべき

若くても女性は特有の病気で急に手術したり入院しなくてはいけなくなることがあります。いざというときのために20代でも保険にはいっておく必要があります。
女性は20代から保険に入るべき

ピルの副作用

ピルの副作用

ピルを服用することで月経痛の軽減や避妊のリスク回避が可能ですが、それにともなって副作用の心配があります。どのような副作用があるのでしょうか。詳しく解説していきます。
ピルの副作用