ピルの副作用

ピルの効果と副作用

ピルの副作用

ピルは避妊薬としての側面がよく知られていますが、実際はほかの効果がたくさんあり、女性の悩みの多くを解消する効果があります。

実際に使用している人は大半ではないものの、ピルを使うことで悩みが改善される場合が多いのだと感じています。

しかし使うとなれば避妊の側面もあるため副作用が心配になるでしょう。ピルの意外な効果から副作用まで詳しく解説していきます。

ピルがもたらす女性の体への効果と影響

ピルは多くの効果として女性のホルモン系から体の働きに影響を与えます。どのような効果があるかというと、以下のようなものがあります。

ピルによる女性ホルモンへの働きかけ

などが挙げられます。これらはすべて女性ホルモンに影響しているものです。特にピルは避妊薬として処方されるだけでなく、最近ではひどい月経痛に悩む女性が多くなり、その治療や緩和のためにピルが処方されています。

月経痛は誰でも痛いだろうと思いがちですが、実際子宮筋腫だったり内膜症の場合もあり、痛みが強い場合は病院にいったほうが良いでしょう。これらが原因出ない場合などでもピルが処方されて毎月の痛みやストレスから開放されます。

ピルの避妊効果

またピルは昔から避妊のためのものとしてよく知られています。これはピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護することによって、精子を含む細菌の感染も防ぐため妊娠を防ぐ効果があるのです。

また卵管炎や骨盤内感染症などの不妊につながる病気も防ぐ効果があります。

ピルの副作用

ピルの副作用今までは中用量ピルが使われていました。これは副作用が出やすいものです。現在では主に低容量ピルが処方され、副作用は軽減されています。しかしまったくないわけではありませんので、副作用が心配な方はチェックしておいてください。

吐き気

ピルの服用によってホルモン環境になれないため、飲み始めた当初は不快感と軽い吐き気が出ることがあります。これは副作用としてはとても軽いもので、一時的なものです。ピルにも色々な種類がありますので、医師と相談しながら合うものを探すという方法もありますが、実際は一時的でそれほど問題にはなりません。

血栓症等のリスク

ピルが及ぼすホルモン環境の変化によって血栓症のリスクは上がります。もともと血栓症は2万人に一人という低確率であることからもそれほど心配する必要はないとされています。
しかし血栓症のリスクが高くなるような人にはピルは服用させないようにしています。以下の人はピルの服用ができません。

胸のハリ、バストサイズアップ

ピルの服用で胸が張って大きくなることがあります。良いことなのかどうかは人それぞれの捉え方ですが、誰もがなるものではないので、ピルを飲み始めて胸が張っている、ブラのサイズが合わなくなった、というのは副作用によるものの場合があります。

体重増加

ピルの服用で体重増加の副作用がでることはあります。
体の保水力が高くなり水分量が増えてむくんで体重が増えることがあります。
また食欲増進もあり、単純に太る人もいます。
低用量ピルではほとんどないことですが、肝機能障害がおきて体重が増加してしまいます。

副作用を感じたら医師に相談

ピルの副作用まずピルを処方されるときに医師から説明があります。それ以降服用して副作用は出る場合がありますが、それがひどいときは医師に相談しましょう。
副作用の症状を見て、それに合う別のピルを処方してもらい様子を見ます。体質に合うものであれば副作用の強さも違います。

既に世界で1億人以上の女性が長年使っているピルで、現在では低用量ピルが処方されていますから安全性は高いとされています。不安な場合は医師に詳しい話を聞いてみると良いでしょう。