女性は20代から保険に入るべき

女性保険で女性の病気に経済不安を取り除く

女性は20代から保険に入るべき

20代で社会人になったら、という区切りではなく、若くてもなんでも、女性の場合は特有の病気にかかる確率がとても高く、手術や入院の可能性が高まるため早めに保険に入っておくことが必要になります。中年になってから発症しやすいわけではなく若くても子宮の病気などは発症します。

若いうちから子宮や卵巣の病気は誰でもなる

女性特有の癌と保険重大な病気でなくても、軽度なものでも子宮筋腫などは若い女性でも多くの人が抱えています。日常生活に支障がないのであまり気にしない方もいますが、実際は大きく腫れ上がっていた、ということもあり得るのです。

実際、誤診されてなんともないと言われていたのにもかかわらず別の病院ではできるだけ早い手術で腫れた部分を切除しないとねじれて部分的に壊死してしまうと言われてすぐに入院した方もいます。

このように急に入院、手術をしなくてはならなくなったときに果たして十分なお金が用意できるでしょうか。入院期間が数日であればよいですが1週間以上かかると毎日入院費用がかさみます。とくに個室にした場合通常よりもプラスで15000円程度かかります。

これが40代50代以降の病気ではないから大変なのです。若いうちからもし急にお金が必要になっても大丈夫なように、女性保険か女性疾病特約をメインの保険につけるべきなのです。

「妊娠・出産」という別の理由もある

妊娠・出産保険の事なんてほとんど考えたことがない方は、女性が実は保険に入りにくくなることを知らないのでしょう。保険は持病があると入れないことくらいは知っていても、妊娠出産があると入りにくいことは知られていません。

出産後一定期間経たないと加入できなかったり、妊娠中は加入できない、また出産でも帝王切開すると加入できない期間が長くなるなど、妊娠と出産で女性はすぐに保険に入れない確率が高まるのです。

この期間にもし病気にかかってしまったら、そう考えると女性保険に加入するのはできるだけ早いほうが良いことがわかります。

女性保険は高くないもので良い

しかしいざ保険に入るとしても、保険料が高いのでは支出が大変という方もいると思いますが、保障対象が女性疾患のみと限定されていることなどから保険料はとても安いです。
また若いうちであれば当然ですが保険料は安くなります。

毎月千円程度で安心できるのですから、入っておいたほうが良いでしょう。また保険だけで手術や入院費用全額を賄えなくても、1日1万円の入院費が出るだけでも随分と負担軽減されます。全額事故負担である場合と雲泥の差です。

最近女性特有の病気で不安だという方は早めに保険に入っておきましょう。