図書館司書

図書館司書になるためには

図書館司書は主に図書館で働く専門の職員として静かな図書館で働く人たちというイメージが強いですが、実際の資格や仕事内容、働く場所などははっきり知られていないのではないでしょうか?

司書とは、図書館や資料室などで本やCD、ビデオなどを整理し利用者が必要なときに必要な資料を簡単に探し出せるように整理する人のことをいいますが、基本的には図書館法が定めた公立図書館の職員のことを指します。
また、学校の図書館などで働く職員も司書という職名で働いていますが、公共図書館以外の「司書」は、図書館法に基づく「司書」とは言えません。

仕事内容

司書は図書館で働くことになりますが、その仕事内容は一般的に図書資料をわかりやすく整理し、利用者が簡単に目的の資料を探せるようにすることです。
資料を収集したり、整理しラベル分けをしてパソコンへ入力したり、図書館利用者の質問にも迅速、正確に答えられる知識が必要とされます。
さらに図書館へ入れる資料の選定や要望を聞くこと、その発注なども図書館司書の大きな仕事です。個人の主観による偏りをなくして多くの人に必要とされる資料を選定する必要があります。

また、図書館で開催される読書会、講演会、映画会などの企画も司書が行います。
ただ単に静かな図書館と本が好きというだけでは司書の仕事は大変かもしれません。
幅広い知識と整理する能力、資料を選定する力が必要になってきます。

公立図書館では平日も休日も会館しているところがほとんどで、休日は不定期であり、開館時間も遅くまでということもあり、勤務時間も不規則であることが多く、司書としての仕事にやりがいがないと生涯の仕事としてやっていくことは困難かもしれません。

資格

司書の資格は短期大学で一定の科目を履修することで認定されます。
まず、司書課程のある大学に入学し、司書課程を履修する、あるいは通っている大学に司書課程がない場合は他大学にて司書課程を修了する必要があります。
また、大学卒業後などは通信教育を実施している大学などの通信講座を受講する方法もあります。

Top仕事 > 図書館司書

▼さらに図書館司書について調べる