タオルの選び方 吸水性やホテル仕様など

厚くてふわふわした使い心地の良いタオルの選び方

タオルの選び方

タオルは毎日使うもので、気がつけば吸水性が悪くなっていたりぺらぺらに薄くなっていたりして、いざ新しいタオルを買おうとしても価格と使い心地、デザインや色などで迷うことも多いでしょう。そんなタオルの選び方を見ていきましょう。

吸水性の良さ

フェイスタオルでもバスタオルでも、吸水性があるタオルがベストでしょう。
吸水性の良いタオルは、タオルに使われている糸の量に左右されます。糸が多いほど、水を多く吸い込んでくれます。

また、タオルの製造工程でも吸水性が左右されます。
タオルの毛に撚り(より)と呼ばれるねじりを入れていないものほど吸水性が高まります。
無撚糸を使っているタオル、とも言われていて、この無撚糸タオルであれば吸水性の耐久性も増します。

タオルには、パイルとシャーリングのものがありますが、吸水性で選ぶ場合、パイルのものがより吸水性のあるタオルになります。
シャーリングはデザイン性重視の場合には適していますが、パイル部分をカットしていますので、吸水性が悪くなってしまいます。

肌触りの良さ

体を拭いたときにとても肌触りの良いタオルに出会ったら、そんなタオルを家でも使いたい、と思いますよね。
ここでは肌触りの良いタオルの選び方を説明していきます。

肌触りのよいタオルは、タオルの毛の部分が長めになっています。
また、無撚糸のタオルだと、肌に触れる部分が多く、ふんわりとした柔らかい肌触りに仕上げることができます。

タオルの色

タオルには柄もそうですが、一番は色選びが迷うところでしょう。
最近ではシンプルなものが選ばれるようになり、無地のタオルが主流になっています。
使う人によって色々な色のタオルが選べますが、そのときはできるだけ2色~3色は色の幅を持たせて選ぶようにしましょう。

もし1色だけでタオルを選んでしまうと、干したときなど業務用タオルのような雰囲気になってしまいますし、タオルをたたんで並べたときものっぺりとした印象になりがちです。

同系色のタオルがリズムよく並んでいたら、使うときも楽しくなりますし、使ったときのふわふわ感や吸水性、肌触りまでも全てがまたこのタオルを使いたいと思わせてくれますよ。
ぜひカラーを揃えてタオルを選んでみてください。