ペリカン万年筆 コンコルド、コンバーター、トラディショナルなど

根強い人気のペリカンの万年筆

ペリカン万年筆

ペリカンの万年筆は世界的万年筆のブランドです。今回はその特徴や生い立ちなどを見ていきましょう。

ペリカン万年筆とは

ペリカン万年筆とは、1832年にドイツで生まれた絵の具会社が始まりの、現在では世界的に有名な万年筆ブランドです。

1929年には世界的にインクの会社として名を馳せていたペリカンは、ついに万年筆の製造にとりかかり、その技術は卓越していてヨーロッパでも群を抜いた万年筆として親しまれていました。

170年にも及ぶペリカンの歴史は高級筆記用具ブランドとして今もなお世界中から多くの人に愛されています。

ペリカン万年筆の特徴

ペリカンの万年筆は、高度や温度の変化にも対応していて、飛行機の中でもインク漏れの心配はありませんし、気温の変化があっても適量のインクで万年筆を使うことができます。
また、キャップは機密性が高く、長時間使用しなくても滑らかな書き心地を持続させています。

ペリカン万年筆の種類

ペリカン万年筆トレド万年筆
「トレド」は100を超える工程と、1ヶ月以上の日数が費やされて丹念に製作
トレドのボディーは頑なまでの伝統的手法により製作され、その1本1本にマスタークラフトマンの磨き抜かれた技による芸術性の高い装飾彫金が施されています

ペリカン万年筆スーベレーン万年筆
ペリカンを代表するスーベレーンシリーズ
スーベレーンM800は1997年にペン・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
最もサイズが大きくペン先の柔らかさが特徴、万年筆ならではの書き味が楽しめます