クルトガ

発売からいろいろな種類のクルトガが登場しています

シャーペンで字を書いているときにいつのまにか字が太くなってしまう経験は誰にでもあるはず。いつでも細い字を書き続けることができるのが三菱鉛筆のクルトガです。その仕組みを見ていきましょう。

クルトガは字を書いているときに自動的に芯がクルっと周り、常にトガった芯先を維持することで、いつでも細くて細かい字が書きやすくなっています。
書いているうちにクルクルと芯が360度回りながら、円錐状の形にとがっていく仕組みです。

このクルトガは40枚のギアによって芯を回している、実はハイテクなシャープペンシルなのです。
このギアシステムほクルトガエンジンと呼んでいます。
このクルトガエンジンは、芯が紙から離れるたびにギアが回転するようになっていて、自動的に9度ずつ芯が回転していきます。

このクルトガ、発売2ヶ月で40万本を売り上げる大ヒットとなっています。

利点

クルトガは芯がいつでも細い状態を保てるということが最大の利点であり、それを目当てに購入するのですが、この芯がいつでもとがっている状態を維持できるということで、書いている間に出る芯のカスを減らすことができます。
普通のシャーペンでは、片側が減っていき、とがってくるとそこが折れてしまい、芯の粉が出やすくなります。
クルトガならこの偏りがなくなり、結果的に粉がでにくくなり、紙などを汚さずに済むようになります。

また、常に細いペン先を維持することで、文字にムラのない均一な太さを維持できることも挙げられます。クルトガで文字を書き続けているとその文字の均一さに気づくはずです。
このようにクルトガが今までのシャープペンシルと違う部分に力を入れていることがわかるでしょう。

ペン先は0.3mmと0.5mmがあります。
ぜひクルトガエンジンを試してみてください。
クルトガ一覧はこちら

ハイグレードモデル

クルトガに第二弾としてハイグレードモデルが登場します。
芯の太さは0.5ミリと0.3ミリで、価格はいずれも1050円になっています。
このハイグレードモデルが以前のクルトガと違う部分、それはグリップにアルミ表面を加工してウェーブ状にした「アルミウェーブグリップ」を採用したことです。
また、クルトガの最大の特徴でもある芯が回るところを見られる小窓も取り付けられました。

設計段階の部分で、重心をペン先部分にもっていくことによって安定した書き味と使用感を実現しているほか、「アルミウェーブグリップ」によって高級感が得られる上に強度も向上しています。

Top雑貨 > クルトガ

▼さらにクルトガについて調べる