ガラスペン

ガラスペンの書き心地や使い方を解説

ガラスペン

テレビなどのメディアでよく取り上げられ認知度が高まっているガラスペン。実際の使い心地やその歴史、佐瀬氏による芸術的なガラスペンの魅力を見ていきましょう。

ガラスペンの特徴

ガラスペンはガラスで作られたつけペンです。ペン先が別になっていて、持ち手部分に接続して使うものが一般的でしたが、ガラスペンで有名な佐瀬氏によってペン先も持ち手も一体化したものが作られるようになりました。

デザインも芸術的で誰が見ても美しさ、繊細さを感じます。
特にインクを毛細管現象によって一度に多く吸い込み、長時間書き続けることができることが最大の特徴です。

書き心地はというと、ガラスの硬さを感じさせない書き味です。筆圧を必要とせず、インクを紙につけて書いているのでボールペンや万年筆のように力を入れずにサラサラと書くことが出来ます。初めてガラスペンを使う人は滑らかな書き心地に驚きます。

ガラスペンの歴史

1902年に風鈴職人である佐々木定次郎により考案されたのが始まりです。当時は金属ペンよりも長時間書くことができる上、金属ペンと違いどの方向にもペン先を滑らすことができ書き心地も群を抜いていたと言います。

それからよくテレビでも見かける佐瀬氏がガラスペンの技術を受け継ぎ、さらに昇華させたものがペン1本全てが1つのガラスで出来ているガラスペンです。
ボールペンが普及し、つけペンが使われなくなりましたが、ガラスペンは贈り物としても重宝されながら、実際の書き味とインクの持ちの良さも相まって最近では見直されてきています。

そして佐瀬氏のガラスペンはグッチにも採用され、世界的にも日本の技術が認められた伝統工芸としての側面も感じられます。

ガラスペンの使い方

ガラスペンはインクをつけて書くので、あまり馴染みがないと思いますが、実は使い方はとても簡単です。しかも一度インクをつけたらとても長い時間書き続けることができるのも特徴です。

インクのつけ方

  1. ガラスペンを垂直にインク瓶にペン先1/3程度ひたす
  2. ペン先が瓶底に当たると破損する原因しなるため気をつける
  3. そのまま垂直にガラスペンを引き上げる
  4. 毛細管現象によりインクが吸い上げられる
  5. これで文字を書くことができるようになる

上手な書き方

インクをつけて書くため、使い続けるとインクが減り、文字が薄くなっていきます。黒や紺などの濃いインクの場合は減りをあまり感じませんが、薄い色のインクを使った場合、特にインクが減ってきたことを実感できるでしょう。インクが乾くと薄いインクの場合は減りがわかるほど薄くなる場合があります。
都度インクを補填して使うようにしてくださいね。

ガラスペンのお手入れ

使い終わったガラスペンは水やぬるま湯で洗い流して布などで水分を拭き取ります。
前回使ったときのインクが残っている場合はぬるま湯で洗いましょう。

ガラスペンの注意点

ガラスで作られているうえにペン先は細いガラスのためインク瓶にペン先を当てるだけでも割れてしまうことがあります。

ガラスペンを購入する

ガラスペンは最近では銀座の伊東屋でも購入できますし、ネット通販でも買うことが出来ます。
価格もピンキリです。
個人的には佐瀬氏の一体型の芸術的なガラスペンがお薦めです。とにかく見た目がとても美しいですし、さらにとても長時間書き続けることができるからです。

安いガラスペン数千円からあります。安いガラスペンの価格を知りたい方はこちらをご覧ください。

まずは安いガラスペンを使って書き味などを試してみてはいかがでしょうか。
特にプレゼントにもとても珍しく喜ばれるものです。

京都 菅清風ガラスペンもお薦めです

佐瀬氏のガラスペンのほかに、京都の菅清風(かんせいふう)のガラスペンもお薦めです。
硬質ガラスを使い1200度の高温で手作りされています。安いガラスペンのようにペン先が減りにくくなっています。