LEXON(レクソン) デザイン小物ブランド

ちょっとした家電なんかも人気のレクソン

LEXON(レクソン)

その卓越したデザインゆえに1991年の創立以来、欧米で熱い注目を浴びつづけるフランスの雑貨ブランド「LEXON・レクソン」。今や日本でも各ファッション誌にこれぞとばかりに取り上げられる人気ぶり。世界規模で活躍中のインダストリアルデザイナーが生み出す作品は、一見常識破りなモノに見えて実は高い機能性とデザイン性を兼ね備えているという優れもの。

プライベートにもビジネスシーンにも一味違う個性を見せてくれる逸品ばかりです。各国のアーティストやクリエーターの高い支持を受けているのもうなずけます。今後さらにアイテム充実を図る「LEXON」ますます目が離せない注目ブランドです。

LEXON / LR92 Dolmen Clock

LEXON Dolmen Clock
5mm厚の無垢材を留接加工で貼り合わせ仕上げられたDolmen Clockがレクソンの木製アイテムとしては久々の登場!Dolmen(ドルメン)とはフランス語の昔の遺跡を意味するらしく、単調で分かりやすい形と複雑な機能などを一切排除しているところなんか本当に遺跡風です。
無垢材にクリア塗装を施したナチュラルは木目が美しくウッド好きにはたまらない仕上がり。
ダークは木目は薄いですが濃い茶色のボディは落ち着いたお部屋にマッチしそうです。

LEXON / Oyo Light

LEXON / LD60 Oyo Light
アルミニウムのフレキシブルチューブで形を自由に変形することができるOyo Light。
夜のパソコン利用時に手元を明るくしてくれるUSBライトです。USBを電源に使うためバッテリーは一切要らず、パソコンに付いているUSB端子に差すだけでピカッ!消費電力や発熱が少なく寿命も長いとされるLED電球が青白い光を放ちます。
どうしても部屋の隅に行ってしまうパソコンだから自分の影で手元が暗くなりがちですが、これなら心配要りません。
シルバーとホワイトのツートンカラーで他のアイテムとの相性もバッチリです。

LEXON / Sinus

LEXON Sinus
流れるような曲線がこの上なく美しい重量感溢れるテープカッター。総アルミニウム合金なので実際かなり重量があります。デザインはLEXON初参加の日本人カトウ・タカシ氏。
彼の手がけるデザインはどれも絶妙な曲線で構成されています。なんとなくでんでん虫っぽいです。テープをはめるとさらにそれっぽいです。何にしろそんじょそこらじゃ見かけないカッコよすぎるテープカッター。
デザイン事務所などで是非使っていただきたい逸品です。

LEXON / Clippy

LEXON Clippy
とてつもなく重量感のあるホチキス。こんなに強い存在感を放つホチキスもそうそうありません。ステーショナリーに興味のある人なら見逃せない 大人の逸品。
デザインは日本人デザイナー、カトウタカシ氏。カトウ氏のデザインの共通点は従来のLEXONには見られなかった有機的で美しい曲線。非常に持ちやすく、使いやすい優秀なデザインホチキスです。同デザイナーのテープカッター「LD38 Sinus」が人気が高いのも十分うなずけます。

LEXON / Dolmen Radio

LEXON Dolmen Radio
上部にあるアルミダイヤルやダークの木製ボディなど今のラジオには無いレトロな雰囲気をあわせもつDolmen Radio!95mmのスピーカーや、充電機能、AM/FMアンテナ内蔵など外見とは裏腹に実用的な機能が盛り込まれており、ボディも留接加工(※)で角を強調したシャープなデザイン。フランスの巨石遺跡「Dolmen」を意識したネーミングはデザイナーのLEXONに対するオマージュを感じます。