秋田の名産品・特産品

比内地鶏

比内地鶏
比内地鶏は、日本三大美味鶏の一つに数えられ、秋田を代表する郷土料理きりたんぽには欠かせない食材となっています。比内鶏の最大の特徴は、肉の味のよいことで、その味はキジやヤマドリのような風味と香味を持っていて、噛む程に味とコクが際だちます。

稲庭うどん

稲庭うどん
讃岐うどん、水沢うどんとならび、日本三大うどんとして人気の稲庭うどん。300余年前から、代々受け継がれた伝統。精選された原料の配分が他に類のない舌触りと風味をもっており、独特の味わいが やみつきになる美味さです。

天然岩ガキ

天然岩ガキ
秋田ブランド「象潟の岩がき」は、秋田県の日本海側「鳥海山」の近くの由利海岸沿岸で取れる「天然岩がき」です。ミネラルをたっぷり含んだ伏流水とプランクトンを食べてプックリ太った岩牡蠣は、6月頃からとても美味しくなります。

ハタハタ

ハタハタずし
ハタハタずしは昔から作り続けられてきた秋田の郷土料理です。もともと秋田では冬の間のカルシウムをハタハタ寿司から摂ってきたと言われていました。酢で漬け込んで柔らかくしたハタハタの骨を丸ごと食べていたからです。正月のお祝いに欠かせない料理の一つで、冬の保存食品でもあります。

秋田県の特徴

秋田県は日本で最も日所時間が短い県です。秋田市の1年間の日照時間は1256時間で、最も長い長野県と比べると657時間も短いです。

火山活動によってできたカルデラ湖の田沢湖は日本で最も深い湖です。深さは423.4mで東京タワーがすっぽり入ってしまう深さ。

杉の木の人工林の面積は日本で最も広く、2位となる宮崎県の1.6倍以上の面積をほこり、高さは58mにまで伸びた杉の木があるのも秋田県で日本一です。

秋田県の基本データ

県庁所在地秋田市
面積1万1638km2
フキノトウ/td>
ヤマドリ
秋田杉