千葉の名産品・特産品

落花生

落花生
千葉県八街市は、落花生栽培に適した気候と土壌が落花生栽培に適していて、外国産のピーナッツとは比べものにならないぐらいの甘みと深い味わいを生み出しています。

てっぽう漬

てっぽう漬
てっぽう漬は言わずと知れた千葉の代表的な漬物です。シソ、とうがらしを入れて醤油とみりんで漬け込んだ漬物です。

アサリ

アサリ
築地市場には日本各地から活あさりが入荷します。その中で江戸前(東京湾)のあさりが一番旨いと言われています。江戸前のあさりは漁獲量が少なく、アサリの中では高価で入荷のない日もあります。

うなぎ大和煮

うなぎ大和煮
醤油、味醂、砂糖、しょうが などのタレで煮たうなぎ大和煮は、贈答品としても最適です。

なめろう

ぬれ煎餅

千葉県の特徴

落花生の収穫量が1万t以上で日本一。

醤油の出荷量が約26万tで日本一、みりんも約4万tで日本一。

かぶの収穫量、ネギの収穫量が日本一。

市原市の地層がチバニアンとして認められました。千葉の時代という意味です。

ヨードの生産量が日本一、シェアは83%です。

1995年八千代台団地の分譲が開始され、団地発祥とされています。

銚子市の犬吠埼灯台は日本最大級の明るさを誇り、36km先にも届きます。

千葉県の基本データ

県庁所在地千葉市
面積5158km2
菜の花
ホオジロ
マキ