鹿児島の名産品・特産品

桜島大根

桜島大根
巨大な大根が桜島の火山灰土壌のみにできるのは「遺伝学会の不思議」とされ、国際遺伝学会でも世界の学者の注目を集めました。現在のところ大きくなる理由は、秋から冬にかけての温暖な気候、耕土が深く膨軟な土で、桜島ならではの火山灰など軽石混じりの土性にあるといわれています。

さつまあげ

さつまあげ
新鮮な野菜や魚に加え、きれいなだけでなく、体にもやさしいという清水にまでこだわって作られたさつま揚げは格別です。さつまあげは、「薩摩のつけあげ」とも呼ばれ、地元では鹿児島弁で「つっきゃげ」と親しまれています。

鹿児島黒牛

鹿児島黒牛
「鹿児島牛」は黒毛和牛として全国でも有名なブランド牛に代表される高級品と同格です。味の特徴はまろやかでとろけるような口当たりの良さです。

軽羹

軽羹
天然の山芋とうるち米の荒びき粉、それに上質の砂糖で作られます。上品な甘味と食感、真っ白で愛らしい見た目もまさに『殿様菓子』と呼ばれるにふさわしく、今では全国で人気の逸品です。

鹿児島県の特徴

1914年の第分化で大隅半島と地続きになった桜島。

出水平野には日本最大の鶴と寅壱となっています。

種子島宇宙センターでロケットや衛星が打ち上げられています。

鹿児島県の基本データ

県庁所在地鹿児島市
面積9187km2
ミヤマキリシマ
ルリカケス
カイコウズ