滋賀の名産品・特産品

鮒寿司

鮒寿司
鮒寿しは琵琶湖の特産ニゴロブナを原料としてつくられるもので琵琶湖名物として古くから愛好されています。

近江牛

近江牛
日本一の琵琶湖の水と滋賀県のはっきりとした四季が、近江牛の肥育に最適な環境を作っています。近江牛は24.8℃と融点が低いため舌の上で脂がとろけて極上の旨さが味わえます。

赤こんにゃく

赤こんにゃく
その昔、派手好みの織田信長が赤く染めさせたという、赤こんにゃくです。この赤色は三二酸化鉄という鉄分が使われています。この赤こんにゃくは、滋賀県の近江八幡市の特産品として古くから伝えられています。

五島うどん

五島うどん
なめらかな舌ざわりとコシの強さ、良質の椿油による独特な風味の良さは、素朴さと洗練さを併せ持つ五島の味として広く知られています。

滋賀県の特徴

日本で最大そして最古の湖、琵琶湖。100万年以上前から存在します。

近江牛は日本で400年の歴史を持つ最古の和牛。

布団の出荷額、はかりの出荷額、エアコンの出荷額が日本一。

大津市の比叡山坂本のケーブルカーが全治用2025mで日本で最長。

比叡山延暦寺がおみくじの発祥として知られています。

茨城県の基本データ

県庁所在地大津市
面積4017km2
シャクナゲ
カイツブリ
紅葉