山口の名産品・特産品

活車えび

活車えび
秋穂町では車えびの養殖発祥の地として有名で、1年中新鮮な車えびを食べることができます。

見蘭牛

見蘭牛
見島牛は日本で唯一の純潔和牛として国の天然記念物に指定されました。その数わずか九十頭。頭数は極めて少なくあらゆる面で希少であることから「幻の牛」ともいわれ、この牛肉を口にすることは滅多にありません。

瓦そば

瓦そば
江戸末期、兵士達は野戦の合い間の食事を瓦の上で野草や肉などを焼いて手軽に済ませたという逸話が残っています。この逸話をもとに茶そばを用いて料理したのが、「瓦そば」であります。今では下関名物の郷土料理として家庭でも親しまれています。

ふく料理

ふく料理
下関といえば「ふく」が有名です。山口県では幸福にかけてふぐをふくと呼んでいます。とてもあっさりしていて食べやすく、コラーゲンも豊富に含まれています。

山口県の特徴

とらふぐ、あんこう、甘鯛、サザエの水揚げ量が日本一。

高杉晋作、伊藤博文などが学んだ吉田松陰の松下村塾。

萩市の熊谷美術館に現存する日本最古のピアノがある。

山口県の基本データ

県庁所在地山口市
面積6113km2
夏みかんの花
ナベツル
赤松