一人っ子政策の中国で政府が子供を連れ去る「社会調整」が行われていた

中国南部の広西チワン族自治区に住む7人の子供がいる家族が1990年に1歳の末っ子を誘拐されたとして、32年たった現在、地元政府に捜査を陳情したところ、これは「社会調整」によって行われたものであるため捜査はしないと告げられたそうです。

何者かによって連れ去られたと思われていた事件は実は政府によって行われていた「社会調整」だったことがわかりこの情報がSNSで拡散され中国で話題になっています。

「社会調整」

中国の一部の地域では1979~2015年に実施された「一人っ子政策」において、計画外に生まれた子供を選び「社会調整」を行っていたことがわかっています。

そして今回のケースでは、ひとりっ子政策に反して子どもが7人いたため「社会的な調整をした」としており、この件に関して現在はあらゆる記録は残っておらず、そのためこの夫婦の陳情は受理しないとの回答だったとのこと。

この「社会調整」というものがどのようなものだったのか具体的には判明していませんが、現代においてこんな倫理観のない残虐な行為がまかり通る国があることに驚きを隠せません。

中国の一人っ子政策下では、女児しか生まれない家庭が男児を欲しがる男児需要があったり臓器需要などもあるようで、今回の政府による「社会調整」以外にも昔から現在に至るまで未だに社会問題になっています。

今回の政府による「社会調整」の後にこの男児がどのような末路を辿ったのかは一切不明です。人口増加に対する対策として行われているため絶望的な状況であると考えられます。

ニュース元

朝日新聞、日テレニュース、テレ朝ニュース