喪中のお中元とお歳暮

noncolle

喪中のお中元とお歳暮

喪中というのは何から何まで何かをしてあげるのは良くないと思いがちで、実際にどこまでしないほうがよいのか、という線引が難しいですし自分で判断しにくいと思います。特に家族間であればまだいいですが、お付き合いのある方への毎年のお中元はどうすればいいのか、贈らないほうがいいのかと悩むでしょう。

喪中でもお中元やお歳暮を送ってOK

実は喪中であってもお中元を贈ることは悪いことではないのです。お世話になっている人に対して毎年送っているでしょうが、ここで迷う必要はなく、お中元というのは感謝の気持を表す贈り物ですので、感謝することを控える必要はないのです。

中身に関しても毎年と同じような感じで大丈夫です。特別喪中だからといって控えるべきお中元はないでしょう。

しかしおめでたい感じは出したくない場合は

喪中でもお中元を送っていいとは言え、やっぱり喪中だしなかなか贈りにくいな、という場合は時期をずらして贈るのがお薦めです。毎年決まりきった時期に送ってきて今年なんか喪中でにも関わらず送ってきた、と思われずに済みます。逆にしっかり考えてくれているんだなと思ってくれる可能性がとても高まります。

その時はお中元ではなく『暑中御伺』や『寒中御伺』というようにして書いておくるのがよいでしょう。

自分は喪中であってもお中元を送っても大丈夫だと知っていても、先方がそれを知らないで贈るのは失礼だと勘違いしている場合、なかなか難しいのでやはり時期をずらしてお中元ぽさをださないようにして贈るほうが良いでしょう。

また心配であればお中元は気を使ったのでお食事でも、と顔を合わせる時間を作っても良いかもしれませんね。

葬儀・葬式の関連記事

今流行っていて売れまくっている話題の商品

前後のページ